東日本橋にあるオルタナティヴなショップです。時の枠を超えて愛着の持てる品々をご紹介します。        http://no-concept.net tel.03-5829-6113


by No_C

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

NEWS
ミセのこと
モノのこと
オシャレまにあ
コトのこと
マチのこと
ショクのこと
オシゴト
ツレヅレ

タグ

(313)
(262)
(204)
(52)
(52)
(39)
(30)
(27)
(27)
(26)
(23)
(23)
(21)
(20)
(18)
(18)
(18)
(17)
(15)
(14)

最新の記事

12/17(日) 大江戸骨董..
at 2017-12-15 13:13
12/9(土) 点店 (最終..
at 2017-12-09 11:00
12/7(木)〜12/9(土..
at 2017-12-04 15:15
12月の出店予定
at 2017-11-27 15:55
11月後半の出店予定
at 2017-11-18 13:00
『OZmagazine』12..
at 2017-11-10 12:34
日本橋横山町時間
at 2017-11-06 13:13
11月4日(土)・5日(日..
at 2017-10-30 11:30
10/29(日) 臨時休業
at 2017-10-28 12:48
10月29日(日) 大江戸..
at 2017-10-24 14:20

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月

記事ランキング

外部リンク

お気に入りブログ

EARTH_blog

ブログジャンル

アート・デザイン
コレクション

access

アルバイト労働条件

画像一覧

2013年 03月 12日 ( 1 )

殿様の焼き物(微妙にへうげてます)

素朴な雰囲気ながら、高貴な匂いを感じさせる幕末~明治初期の茶碗(?)。
名古屋城内、御深井丸の尾張徳川家の御用窯で焼かれた「御深井焼(おふけやき)」です。
c0260295_15433538.jpg
【当店販売価格:6,800円】

まず、御庭焼とは江戸中期以降に大名や貴顕などが自分好みの器を作るため、城や藩邸の内に窯を築き焼成した陶磁器のことを言うのですが、御深井焼(おふけやき)は御庭焼の中でも「殿様窯」ともよばれて格の高さを誇り、材料や陶工にも吟味を尽くしていましたが、1870年(明治3)には違反制度と共に無くなりました。
祖母懐土という緻密な土を使い、透明感のある淡黄緑色の釉などが特徴です。

んー、素晴らしいですね。
しかし、骨董や器が好きな方ならお気づきかと思いますが、この商品、御深井焼の相場から考えるとお値段安いです。
幕末あたりの品物で、しかもお殿様御用達の窯で焼かれたものなら、本来はもっと高価なもののはずなのですが、実はこの子は見ての通り、はみ出し者のちょっぴり出来損ないだったりするのです。

なぜはみ出し者かというと、まずはその大きさ。
口径約17.8cm・高さ約8.0cm・高台径約8.0cmと、いわゆる茶道用のお茶碗にしては大きすぎるサイズ。
とはいえ、鉢や丼にするには小ぶりな感じがし、どうにも用途が括りにくい感じです。
c0260295_1543245.jpg
次に、その形。微妙に歪んでます。
織部などのようにエンターテイメントを感じさせる訳でもなく、侘び寂びの美を漂わせる訳でもなく、ただビミョーに歪んだ感じなのです。
c0260295_15433716.jpg
↑ひっくり返して横から見るとあまり感じないのですが。。。
c0260295_15433970.jpg
↑真上からみると高台も何気にへうげてます。

そして極めつけは、見込みにハッキリと見られる他の器の剥がし跡。
「どうやって重ねてたの?」と不思議になるくらいです。
c0260295_15434225.jpg

しかし、出来損ないの子ほど何気にカワイイもの。
殿様御用達の窯ともなれば通常は失敗作はすぐに壊されてしまうものですが、この子は100年以上もしっかりと残っているのです。
型にはまらず、ビミョーにゆるく、ちょっとファニーフェイス。
でも、血筋である高貴さと風格、時の経過はしっかりとその肌に焼き付けられています。

なんか、壮大なドラマ仕立てになりそうですが、要は失敗作には失敗作なりの個性があるということ。
殿様焼きだからってかしこまらずに、気軽に使いましょう。
煮物にはどうですか? お茶漬けもいいですよ。
どんどん使って、この子の個性を伸ばして、味のある大人に育ててあげてください。

ご興味のある方はぜひお店でお確かめください。【MAP】
お問い合わせもお待ちしています。
[PR]
by No_C | 2013-03-12 15:55 | モノのこと | Comments(0)