東日本橋にあるオルタナティヴなショップです。時の枠を超えて愛着の持てる品々をご紹介します。 【HP】 http://www.no-concept.info/index.html TEL:03-5829-6113


by No_C

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

NEWS
ミセのこと
モノのこと
オシャレまにあ
コトのこと
マチのこと
ショクのこと
オシゴト
ツレヅレ

タグ

(274)
(228)
(179)
(52)
(52)
(39)
(30)
(27)
(26)
(26)
(23)
(23)
(21)
(20)
(17)
(15)
(14)
(13)
(13)
(12)

最新の記事

4/1(土) 日本橋こっとう..
at 2017-03-27 13:50
3月26日(日) 赤坂蚤の市..
at 2017-03-22 16:48
3月20日(祝) 18時ま..
at 2017-03-20 12:34
3月19日(日) 大江戸骨..
at 2017-03-16 12:48
『vikka(ヴィカ)』4月..
at 2017-03-11 12:00
3月11日(土)・12日(日..
at 2017-03-08 13:31
3月5日(日) 大江戸骨董..
at 2017-03-01 13:45
2月26日(日) 赤坂蚤の市..
at 2017-02-20 13:31
2月19日(日) 大江戸骨..
at 2017-02-15 14:14
2月11日(土・祝)・12日..
at 2017-02-09 12:00

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月

記事ランキング

外部リンク

お気に入りブログ

EARTH_blog

ブログジャンル

アート・デザイン
コレクション

access

アルバイト労働条件

画像一覧

<   2014年 04月 ( 19 )   > この月の画像一覧

ダブルデッカーのチケットマシーン_イギリス1930’s

1930年代に実際にイギリスで使用されていた、TIM社の発券機。
秘蔵品の超レアモノですが、機械モノ好きにはたまらないアイテムです。
c0260295_12151467.jpg
【当店販売価格:90,000円】


ズッシリとした重み、渋みを増したアルミ本体、メカニカルなデザイン…。
一見すると何者かわからないですよね?

実はその正体は、イギリスのバスや鉄道の中で車掌さんが持っていた「チケットの発券機」。
時はまだ自動券売機などない時代。
当時はこんな重いものを車掌さんが持って、乗客一人ひとりにチケットを発券していました。
c0260295_121741.jpg
↑こんな感じで肩から下げて使用。

このTIM社の発券機は1931年にLondon General Omnibus社が使用を開始し、その後広く普及したようです。
c0260295_1217633.jpg
↑エディンバラの写真。全員携帯してます。

ちなみに、こちらの商品は「モデル4」。
かなり初期のモデルだと思います。
c0260295_12152957.jpg
詳細な情報は得られなかったのですが、「モデル3」のマニュアルらしきものの載っているHPを発見したので、よろしければこちらをご参考ください。英語表記ですが、写真だけでも楽しめます。
イギリスでは熱狂的なコレクターの方がいるんですね。

紙もセットされていますが、使用できるかどうか判断できないので、あくまでもジャンクとお考えください。
ただ、インテリアとしては圧倒的な存在感を持っているので、自慢の一品になるのは間違いないと思います。
c0260295_1215348.jpg
c0260295_12152579.jpg
大きさは、幅約23.5cm、奥行約19.0cm、高さ約10.0cm。
配線の長さは約90cmの牛革のショルダー・ストラップがついています

ご興味のある方はぜひ実物を見にいらしてください。【MAP
通信販売をご希望の方は「N°CONCEPT.stores.jp」をご利用ください。
電話・メールでのご注文もお受けしています。
[PR]
by No_C | 2014-04-26 12:24 | モノのこと | Comments(0)

インダストリアル・ワークライト_LEVITON社

角度調整が可能なアメリカ製のヴィンテージ・ライトです。
c0260295_11442092.jpg
SOLDOUT

LEVITON社(正式名称:レビトンマニュファクチャリング·カンパニー·インク)は、1906年にロシアから移住したイジドール・レビトン氏によって設立されたアメリカの会社。
当初は真鍮のマントルピースの製造を行っていましたが、1910年にあのトーマス・エジソンの電灯用ランプソケットのネジを設計したことから、以来現在まで電気配線機器を作り続けています。
c0260295_11442321.jpg
LEVITON社のヴィンテージな照明器具はアメリカは元より日本でも人気ですが、中でも人気が高いのは工業用ランプ。
そして、こちらも、もちろんインダストリアル系。
縫製工場で使用されていたと思われる、ミシン用のライトです。

全長約64cmとコンパクトですが、二カ所の挟み込みの可動アームで照明角度の調整が可能なので、固定型のものに比べて使いやすいです。
c0260295_11442227.jpg
配線・差込プラグ交換済みですので、コンディションは非常に良好。
ソケット側面に付いたスイッチのON/OFFもスムーズだし、明かりもクリアです。
c0260295_11442875.jpg
一般的なE26口金が使用できるのも嬉しいですよね。
c0260295_11442683.jpg
大きさは全長約64.0cm。
ランプシェードは細身で長さ約14.0cm/幅約5.0cm。
配線の長さは約170cm。
設置は固定式で、ビス止めが必要です。

ご興味のある方はぜひ実物を見にいらしてくださいね。【MAP
通信販売をご希望の方は「N°CONCEPT.stores.jp」をご利用ください。
電話・メールでのご注文もお受けしています。
[PR]
by No_C | 2014-04-25 11:46 | モノのこと | Comments(0)

レトロで不思議なガラスの器:昭和初期〜昭和30年代

手吹きガラスのゆらゆら感と、手づくり感満載の歪んだフタ。
不思議な形状が織りなす、ガラスの器です。
c0260295_12575599.jpg
SOLDOUT

一見して何者かわからないこのガラスの器。実は「ハエ捕り瓶」なのです。
なんでもその誕生は18世紀後半のヨーロッパ。
仕組みは、餌に引き寄せられたハエが瓶の中で出られなくなり、水の溜まった液の中に墜落してしまうのだとか。
(詳しい説明は村瀬春樹さんの「道具の真相」でどうぞ)

この商品を入手するまで知らなかったのですが、最近このガラスのハエ捕り瓶が復刻されて、かなり人気を集めているよう。
昔は水にタバコの灰を入れて落ちたハエを始末していたようですが、現在は石鹸水やお酢などを用い、薬剤を使用しないエコで自然派なハエ捕りとして注目されています。
夏らしい涼やかな見た目もあいまって、新しい夏の風物詩となりそうです。

さて、こちらのハエ捕りですが、形はひずみ、不均一な厚さです。
惜しげも無く気泡も満載で、なんとも手づくり感に溢れ、あたたかーい雰囲気があります。
ゆがみまくったフタの形なんてもう愛らしくてたまりません。
おそらく、昭和初期〜30年代くらいのものではないでしょうか?
c0260295_1258166.jpg
c0260295_1257593.jpg
フタ付きの完品なので、もちろんそのままハエ捕りとして使用してもOKですが、個人的にはこの形状とガラスの不均等なガラスの厚みを活かして、オブジェやディスプレイとして使用するのがお薦め。
c0260295_12581215.jpg
↑屈折する光が中にあるものを、ゆらゆらと包み込み、別の景色を見せてくれます。
c0260295_12581780.jpg
↑近くで見ると水の中にあるような不思議な感覚。

サイズは、直径約17.5cm、高さ15.5cmです。
コロンとしたフォルムがかわいいですよ。

他にも味のある古道具を取り揃えていますので、ご興味のある方はぜひお店を見にいらしてくださいね。【MAP
online shopもぜひご利用ください。
[PR]
by No_C | 2014-04-23 13:06 | モノのこと | Comments(0)

昭和の香りでレトロカフェ気分_古い木製トング

チープさが愛らしい、レトロな木製のヴィンテージ・トングです。
c0260295_1685230.jpg
【当店販売価格:1,500円】

モダンなデザインなのに昭和の匂いがプンプンの、こちらの木製トング。
生産地も年代も不明ですが、昭和30-50年代くらい日本製だと思います。
c0260295_169051.jpg
合板を貼り合わせた簡単な長方形の板に、薄い真鍮の板を打ち付けて、はい終わり。
なんとも簡素な造り(「ちゃっちぃ」とも言います)です。
c0260295_169566.jpg

c0260295_169224.jpg
しかしその簡素な素材と造りから、なんともゆるーーい空気が流れ出ていて、なんだか愛らしく思えるから不思議。
レトロモダンなデザインとそのゆるさはカフェ気分を味わえそうです。

用途としてはアイストングがぴったりですが、サラダにも良いかも。
レトロカフェ気分をご自宅でいかがですか?
c0260295_169890.jpg
サイズ最大約横3.5cm、縦20.0cm、厚み0.3cm(開いた状態では8.2cm)です。

ご興味のある方はぜひ実物を見にいらしてくださいね。【MAP
電話・メールでのご注文もお受けしています。
[PR]
by No_C | 2014-04-22 16:12 | モノのこと | Comments(0)

ありがとうございました。

来週にはGWだというのに、肌寒い日が続いています。
今回の大江戸骨董市も最低気温は6度という寒さの中の開催が、お客様は寒さにも負けず、多くの方がいらっしゃってました。

当店は先週に引き続いての出店。
c0260295_15212956.jpg
今回はおかげさまで売上も順調。
「高いものから売れていく」という初めての現象で、ちょっとだけ景気回復の空気を感じました。
本当にもっと経済市場が元気になってほしいなー。

5月の大江戸骨董市(国際フォーラム)は第一週目はお休みのため、5月18日(日)になります。

今からしっかり商品の蔵出しを進めて、次回もしっかり面白いモノをお持ちします!
[PR]
by No_C | 2014-04-22 15:07 | NEWS | Comments(0)

2014年4月20日(日)大江戸骨董市出店&店舗休業のお知らせ

こんにちは。

ご報告が遅くなってしまいましたが、先週の国際フォーラムでの大江戸骨董市最高でした!
久しぶりなせいか、到着した途端にテンション上がってしまって、一日中ハイテンション。
ここでしか出会えない空気やお客様との時間があるんですよねー。

明日の日曜日 (4月20日) は先週に引き続き、大江戸骨董市に出店。
店舗は休業とさせていただきます。
(たぶん...)お天気は問題なさそうですので、お時間のあるはぜひ有楽町へお立ち寄りくださいませ。

今回も蔵出しの品を間に合う限りお持ちする予定です。
c0260295_15241147.jpg
↑例えばこんなレア物も。

みなさんのお越しをお待ちしてます。
[PR]
by No_C | 2014-04-19 15:25 | NEWS | Comments(0)

実使用禁止!ワイルド系ブロートーチ _スウェーデン

ミッドセンチュリーのブロートーチ(火炎噴射器)。
ジャンクながらインダストリアルなデザインと素材感が秀逸!
ディスプレイにいかがですか?
c0260295_2040529.jpg
【当店販売価格:7,800円】

1950年-1964年の間に発売されたA.B.Max Sievert(マックス・シーベルト社)の化学実験用のブロートーチ(携帯バーナー)。
詳しい年代はわかりませんが、取っ手部分に麻布のような紐が巻きつけられた造りなどのディテールを見ると、初期のものではないかと思われます。

A.B.Max Sievert社は日本ではあまり知られていませんが、ヨーロッパでは歴史のある有名な会社。
特にブローランプは、A.B.Max Sievert社によって短期間に世界中へと普及されていきました。
プロパンガスの製品が有名なようですが、こちらのブローランプは液体燃料を使用するタイプ。
表記がすべて英語なので、イギリスへの輸出品だと思われます。
c0260295_20401389.jpg
使い方はコチラのyoutubeの映像を参考いただきたいのですが、見るからに危険な匂いがぷんぷんします。
古いものですし不具合があるかもしれませんので、あくまでも実使用はしないで下さい。

しかしジャンクながら、このルックス…なんてワイルドなんでしょう!
c0260295_2040167.jpg
こんがりとした小麦色に灼けた分厚い真鍮の肌、コンパクトでスタイリッシュなフォルム。幾つも刻まれたデザイン性の高いタトゥー(刻印)。
一方で、珍しい編み込まれた竹と麻紐のハンドルのディテールは繊細です。
c0260295_2040108.jpg
ジャンクだけど、飾るだけで絵になるお品です。
メンズアパレルなどのディスプレイにはぴったりです。

サイズ約幅21.0cm、横11.0cm、高さ14.5cm。

ご興味のある方はぜひ実物を見にいらしてくださいね。【MAP
通信販売をご希望の方は「N°CONCEPT.stores.jp」をご利用ください。
電話・メールでのご注文もお受けしています。
[PR]
by No_C | 2014-04-17 20:46 | モノのこと | Comments(0)

鳥の足のシュガートング:19世紀後半〜20世紀初頭

イギリスで売られていた、鳥足と柄が特徴的なシュガートングです.
c0260295_12374165.jpg
SOLDOUT

1800年代後半ヴィクトリア朝の頃から1930年代に流行した、鳥の爪の形をしたシュガートング。
こちらはニッケルシルバーに銀が電気メッキされた“EPNS”で、刻印入りのお品です。
c0260295_12374438.jpg
c0260295_12375361.jpg
鳥足が特徴的なシルバープレートのシュガートングですが、もう一つの見所は柄に施されているレリーフのデザインで、「Lily pattern(ゆりパターン)」と呼ばれるデザイン。
このデザインを施したものは数が少ないようなので、探してもなかなか目にする機会が少ないようです。
c0260295_12374751.jpg
シルバーの経年変化はありますが、状態は良好。
個人的にはこれくらいの方が銀らしい渋さを感じられるので、このまま磨かずにお出しします。
銀用の研磨剤などで簡単に汚れは落ちますので、ご自身で磨いてお好みに仕上げるのが醍醐味ですよ。
c0260295_12375915.jpg
サイズは、約幅8.6cm、高さ1.5cm、厚み0.2cm。
鳥足の形状が好きな方も、Lily patternがお好みの方も、この機会にいかがですか?

他にも味のある古道具を取り揃えていますので、ご興味のある方はぜひお店を見にいらしてくださいね。【MAP
online shopもぜひご利用ください。
[PR]
by No_C | 2014-04-17 12:40 | モノのこと | Comments(0)

エドワード朝の真鍮ドア・ノッカー:1900年代初頭イギリス

1900年代初頭のものと思われる真鍮製のドア・ノッカーです。
釘で打ち付けるタイプで、状態も良いので、実際にご使用いただけます。
c0260295_1224367.jpg
SOLDOUT

ヨーク・ミンスターは、ヨークに位置するイギリス最大のゴシック大聖堂。
北ヨーロッパではケルン大聖堂に並ぶ最大級の聖堂建築物です。
12世紀半ばから1472年まで300年もの歳月をかけて作られた荘厳で格式高きこの教会を目当てに、教徒のみならず、世界中から多くの人びとが訪れています。

さて、こちらのドア・ノッカーは、そんなヨーク・ミンスターの姿を模したもの。
1905年頃にほぼ同じようなドア・ノッカーがお土産物として発売されていたようなので、こちらも同様だと思われます。(参考サイト
ただ、当時の真鍮のキャスト・ブラスの技術は相当高いものだったので、土産物だからと言ってバカには出来ない仕上がりですよ
c0260295_1224596.jpg
c0260295_12247100.jpg
サイズは、幅6.1cm、高さ12.8cm、厚み2.3cmと小ぶりですが、存在感あります。
上下に釘穴があるので、打ち付けるだけですぐに使えます。
c0260295_122493.jpg
木製だと響きも良い感じです。

他にも味のある古道具を取り揃えていますので、ご興味のある方はぜひお店を見にいらしてくださいね。【MAP
online shopもぜひご利用ください。
[PR]
by No_C | 2014-04-16 12:09 | モノのこと | Comments(0)

コレクタブル・ホースブラス_イギリス

イギリスで売られていたホースブラス。
大江戸骨董市に出したところ、大人気で数が少なくなってしまいましたが、
現在も続々と売れています。
c0260295_15485874.jpg
【当店販売価格:各1,800円】

ホースブラスとはハーネスに付ける、真鍮製の飾りの事。
元々は実用品でしたが、徐々にステイタスを示すシンボルとしてデザイン性が高まり、1900年頃にはインテリアとしても用いられるようになりました

古くはローマ時代からあり、イギリスでは競馬の誕生とほぼ同時期から存在していたそうです。
19世紀半ばには、重量級の荷馬車の飾りとして重宝され流行しました。
自動車の急速な普及により、重量馬は減少。ホースブラスの生産も減少しましたが、パレード時などの馬の装飾には今でも欠かせない存在。イギリスのパブなどのインテリアにも多用されているようですよ。
c0260295_15471080.png
さて、このホースブラス、邪気を払う魔除けとして使用されていたとの説もあり、イギリスでは幸せをもたらすアイテムとして熱狂的なコレクターも存在します。
その魅力は、イギリス人が競馬好きな事も大きく影響していますが、なんと言ってもデザインが豊富な事でしょう。
年代や製法の違いでそのデザインは異なりますが、神話や人物、歴史的建造物から動物、王族の肖像が描かれたものまであるのです。

ズッシリとした真鍮の重量感と、イギリス独自のモティーフ、馬への愛情。
そんなものがこの一枚に詰まっているのかもしれませんね。

今回ご紹介14個のホースブラスはすべて鋳型に真鍮を流し込んで作られた「キャスト・ブラス」と呼ばれるもの。評価の低い「スタンプ・ブラス」とは異なり、厚くて重く、コレクターに好まれるものです。
インテリアとしてさりげなく飾るのもいいけど、少し手をかけて革紐を通してバッグのチャームにしたり、キーホルダー代わりに使うのも面白いと思います。

“Scarborough(スカーボロ城)”ノース・ヨークシャー州の12世紀の要塞。
サイズ約縦9.0cm、横7.8cm、厚み0.4cm。
c0260295_155407.jpg
“Conwy Castle and Bridge(コンウィ城と橋)”ウェールズ北部の城。
13世紀にエドワード1世が築城 サイズ約縦7.7cm、横7.5cm、厚み1.1cm。
c0260295_1554313.jpg
“Market cross(メルカットクロス)”SOLDOUT
スコットランドの15世紀の記念碑。
サイズ約縦8.7cm、横7.5cm、厚み0.4cm。
c0260295_1554529.jpg
“Windsor Castle”11世紀にウィリアム1世が築城した、王室所有の城。
サイズ約縦8.7cm、横7.3cm、厚み0.4cm。
c0260295_1554739.jpg
“Hever Castle(ヒーバー城)”SOLDOUT
13世紀に建てられたロンドン南西部の城。
アン・ブーリンが16世紀に幼少時代を過ごした。
サイズ約縦9.6cm、横8.4cm、厚み0.2cm。
c0260295_15541190.jpg
“Libra(天秤座)”SOLDOUT
サイズ約縦15.2cm、横8.3cm、厚み0.2cm。
c0260295_15574677.jpg
“Aries(おひつじ座)”SOLDOUT 
サイズ約縦7.8cm、横6.8cm、厚み0.2cm。
c0260295_15575090.jpg
“pisces(魚座)”SOLDOUT 
サイズ約縦8.4cm、横6.9cm、厚み0.2cm。
c0260295_15575492.jpg
“Queen Elizabeth I(エリザベス女王一世)”SOLDOUT 
16世紀に大英帝国の礎を築いた女王。
サイズ約縦9.6cm、横7.6cm、厚み0.2cm。
c0260295_155865.jpg
“ハートモティーフ”SOLDOUT 
サイズ約縦9.3cm、横8.3cm、厚み0.2cm。
c0260295_1558944.jpg
ご興味のある方はぜひ実物を見にいらしてくださいね。【MAP
電話・メールでのご注文もお受けしています。
[PR]
by No_C | 2014-04-15 16:02 | モノのこと | Comments(0)