東日本橋にあるオルタナティヴなショップです。時の枠を超えて愛着の持てる品々をご紹介します。 【HP】 http://www.no-concept.info/index.html TEL:03-5829-6113


by No_C

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

NEWS
ミセのこと
モノのこと
オシャレまにあ
コトのこと
マチのこと
ショクのこと
オシゴト
ツレヅレ

タグ

(273)
(227)
(178)
(52)
(52)
(39)
(30)
(27)
(26)
(26)
(23)
(23)
(21)
(20)
(17)
(15)
(14)
(13)
(13)
(12)

最新の記事

3月26日(日) 赤坂蚤の市..
at 2017-03-22 16:48
3月20日(祝) 18時ま..
at 2017-03-20 12:34
3月19日(日) 大江戸骨..
at 2017-03-16 12:48
『vikka(ヴィカ)』4月..
at 2017-03-11 12:00
3月11日(土)・12日(日..
at 2017-03-08 13:31
3月5日(日) 大江戸骨董..
at 2017-03-01 13:45
2月26日(日) 赤坂蚤の市..
at 2017-02-20 13:31
2月19日(日) 大江戸骨..
at 2017-02-15 14:14
2月11日(土・祝)・12日..
at 2017-02-09 12:00
2月5日(日) 大江戸骨董..
at 2017-02-01 12:40

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月

記事ランキング

外部リンク

お気に入りブログ

EARTH_blog

ブログジャンル

アート・デザイン
コレクション

access

アルバイト労働条件

画像一覧

<   2014年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧

2014年6月1日(日)大江戸骨董市出店&店舗休業のお知らせ

今週末の日曜日 (6月1日) は恒例の大江戸骨董市に出店です。

ご来店を考えてくださってた皆様、日を改めて来ていただければ幸いです。

ここ二回、初出し品を多く出しているせいか、おかげさまで売上は好調 (*^_^*)v。
多くのお客様にお立ち寄りいただいてます。

今週も初出し品を出すべく、準備を進めていますので、どうか皆様お目を留めてくださいね。

大江戸骨董市は、有楽町・東京国際フォーラム・1階地上広場での開催。(9:00~16:00)

みなさんのお越しをお待ちしております。
c0260295_1352061.jpg
先日ご紹介したエッグスタンドのお散歩風景別バージョン。
[PR]
by No_C | 2014-05-31 13:10 | NEWS | Comments(0)

香水瓶のような金彩ガラスのペッパー入れ_イタリア

前回に引き続いて、イタリア入手の女性向け商品のご紹介です。

こちらはイタリアのアンティークショップで販売していた、ペッパー・ボトル。
手描きの立体感のある金彩が、ペッパー・ボトルとは思えないゴージャスさです。
c0260295_2002641.jpg
SOLDOUT

控えめなクリスタルカットが施されたスリムなボディは、まるで貴婦人がドレスを纏っているかのように色硝子が重ねられ、その胸元には丁寧に手で立体感のある金彩が、まるでネックレスをつけているかのように描かれています。
パッとみた印象は香水瓶のようですよね。
c0260295_2003152.jpg
c0260295_2003791.jpg
↑たっぷりと厚く、立体感のある金彩。

なのに、口はしっかり調味料向け。
ボトルの底に「P」の文字がなければ、何モノかさらに不明です。
ん〜不思議だ〜。
c0260295_2003466.jpg
商品の詳細は分からないのですが、珍しいものである事だけは確かですね。

サイズは、底の直径が約10.0cm、高さ12.0cmです。

他にも味のある古道具を取り揃えていますので、ご興味のある方はぜひお店を見にいらしてくださいね。【MAP
online shopもぜひご利用ください。
[PR]
by No_C | 2014-05-29 20:04 | モノのこと | Comments(0)

食卓に草原を。にわとりモティーフのエッグスタンド_イタリア

イタリアで入手した、にわとりがモティーフの陶器製のエッグスタンド。
二個セットです。
c0260295_18332961.jpg
SOLDOUT

日本ではなかなか見かけない、にわとりの形のエッグスタンドですが、ヨーロッパでは比較的多く見られます。
しかし、妙にリアルで怖かったり、キャラ化されてすぎて子供っぽくなりすぎたりと、なかなか気に入ったものはないのですが、いかがでしょう、こちら。
リアルさと可愛らしさのバランスが抜群だと思うのです。
c0260295_18333211.jpg
↑ほらほら、ちょうどいい!

陶器の白さに手描きの、ややムラ感のある配色。
顔もフォルムもリアルすぎず、子供っぽ過ぎず、微笑ましい感じ。
c0260295_18333731.jpg
玉子を載せるスタンド部分も玉子がしっかりホールドされる形状で、違和感なく存在しています。
c0260295_18334528.jpg
エッグスタンド自体は普段使用する機会は少ないけれど、こういうスタンドなら食卓にそのまま飾っていたいですよね。

製造メーカーや年代は不明。
それほど古いものではありませんが、ネットで散々探しても出てこなかったので、既にデッドストックになっていて、同じものを入手するのは難しいと思います。

ですので、今回はせっかくなので二個セットで販売したいと思います。
二羽いると存在感は一層アップ。
お散歩感覚でアレンジしたりすると、一層魅力が引き立ちますよ。
c0260295_18334176.jpg
↑行進させてみました。

サイズは、最大幅横約10.0cm、出幅9.0cm、高さ8.8cm。

あなたも食卓を農場に変えてみませんか?

他にも味のある古道具を取り揃えていますので、ご興味のある方はぜひお店を見にいらしてくださいね。【MAP
online shopもぜひご利用ください。
[PR]
by No_C | 2014-05-29 18:38 | モノのこと | Comments(0)

素朴さが魅力。手彫の横レードル

“おたま”こと横レードルです。
c0260295_16384971.jpg
SOLDOUT

半球が横向きの涙滴状になった、この“おたま”ですが、正式名称は「横レードル」と呼ばれます。
日本の一般家庭ではあまり馴染みがないのですが、「尖った部分から液体を注ぐのに適している」、「平底鍋に対して接する線が長く、深い鍋底や直角に曲がった角にも合う」など、利点も多いようで、諸外国では古くから用いられていました。
c0260295_16385192.jpg
さて、そんな横レードルですが、こちらは生活雑器として美しく使い込まれたもの。
製造された年代や国などは不明ですが、木の感じや造りからアフリカあたりのものではないかと思います。
c0260295_16385392.jpg
手彫らしい素朴な造りに、使い込まれた小さなキズや焦げなどの痕跡。
年月が生み出す素材の経年変化など、味わい深さが感じられます。
c0260295_16385556.jpg
サイズは、最大幅約10.8cm、長さ22.0cm。

他にも味のある古道具を取り揃えていますので、ご興味のある方はぜひお店を見にいらしてくださいね。【MAP
online shopもぜひご利用ください。
[PR]
by No_C | 2014-05-27 16:42 | モノのこと | Comments(0)

オリジナル標本箱づくり_ほぼ貝殻標本(38種類)

最近、店長は標本作りにハマっています。
もともと標本は好きだったし、アイテムもあったのですが、気に入ったボックスなどが見つからず(あっても高くて)、「自分で作ってしまえ!」と言う事で、黙々と箱作りから始めています。

という事で、今回ご紹介するのは、オリジナルの「ほぼ貝殻標本(38種類)」です。
c0260295_1946778.jpg
SOLDOUT

大小様々な貝殻を、アクリル窓の木箱に配置し、学術名を英語表記しています。
c0260295_1946833.jpg
目玉は「タツノオトシゴ」。
c0260295_19461442.jpg
貝じゃないじゃないか!と、お叱りの声も聞こえてきそうですが、名称に「ほぼ」と記載しているのはこのためです。あしからず。

貝の大きさに合わせて成形した大小様々なグリットが、ちょっと他では見られない味を出していて、完全一点ものの手づくりです。
c0260295_19461159.jpg
貝殻の種類や簡単な説明書をお付けしますので、貝殻好きの方も、そうでない方も、子供の頃の気分に戻って楽しめますよ。

他にも味のある古道具を取り揃えていますので、ご興味のある方はぜひお店を見にいらしてくださいね。【MAP
online shopもぜひご利用ください。
[PR]
by No_C | 2014-05-24 19:48 | モノのこと | Comments(2)

レトロな天秤と分銅_昭和20年代:昭和20年代頃

昭和の懐かしい匂いのする、天秤と分銅のセットです。
上部にあるはずの天秤皿と分銅の一部が欠品しているので、かなりお手頃な価格でご提供です。
c0260295_16323513.jpg
【通常価格:2,800円→42%OFF 1,600円

ずっと昔、理科室で見かけたような、レトロ感に溢れた天秤。
こちらは「太陽衛機」という会社のもので、おそらく昭和20年代頃のものだと思います。
c0260295_16323782.jpg
こういうモノのほっこりした空気感って、何なんでしょうね。
鋳鉄で出来た本体は、ずっしりと重く、経年変化したブルーのペイントはメタリックな輝きに。
ほどよいシャビー感がレトロな空気を演出してくれています。
c0260295_16324071.jpg
木製の分銅も小さいサイズが欠品していますが、状態は良好。
これだけでも十分かわいいです。
c0260295_16324297.jpg
サイズは、秤が幅約18.0cm、奥行7.0cm、高さ15.0cm。
分銅が幅約10.2cm、奥行5.6cm、高さ3.8cm。

昭和レトロな雰囲気を作るインテリアアイテムとして、いかがですか?

ご興味のある方はぜひ実物を見にいらしてください。【MAP
通信販売をご希望の方は「N°CONCEPT.stores.jp」をご利用ください。
電話・メールでのご注文もお受けしています。
[PR]
by No_C | 2014-05-23 16:34 | モノのこと | Comments(0)

2014年5月18日(日)大江戸骨董市のご報告

こんにちは。
今日も東京は快晴。
夏のような陽射しが差し込んでいます。

昨日の大江戸骨董市でも初夏の日差しの中、多くのお客様にお会いする事が出来ました。
各種名品が立ち並ぶ中、小さなスペースに不思議な商品ばかりの当店のブースを覗いてくださったお客様、本当にありがとうございました。
c0260295_13114264.jpg
↑昨日の品揃え。

そんな中、趣味人であり当店のお客様であるBOSE加藤さんが、当店で購入された欠けた年代物の器を「修復されて使用しています」と報告に来てくださいました。
とても素敵だったので、皆様にもお写真をお裾分け。
c0260295_1318474.jpg
c0260295_13185251.jpg
↑お料理も美味しそう。ライフスタイルのこだわりを感じさせます。

欠けた年代物の器を敬遠される方も多いけど、こんな風に味わいを残しながら自分流に使いこなせるのは、自由度と素材力の高い古物ならでは。
敢えてカケを上手に残すテクは参考にしたいです。

次回の出店は、6月1日(日)。
また、うぶだし品を揃えられるよう、頑張ります!
[PR]
by No_C | 2014-05-19 13:29 | NEWS | Comments(2)

2014年5月18日(日)大江戸骨董市出店&店舗休業のお知らせ

陽射しの強い季節になりました。
当店でも帽子の売上が急上昇中。
5月って一年の中で最も紫外線量が多いそうなので、皆様もお気をつけくださいね。

さて、今週末の日曜日 (5月18日) は約一ヶ月ぶりに大江戸骨董市に出店です。
天気予報は快晴、お時間のあるはぜひお立ち寄りくださいませ。

大江戸骨董市は、有楽町・東京国際フォーラム・1階地上広場での開催です。(9:00~16:00)

みなさんのお越しをお待ちしております。
c0260295_20544157.jpg
↑最近の店内。
お客様に「モノが増えたね」と良く言われます。増えすぎかしら (^_^;)
[PR]
by No_C | 2014-05-16 20:58 | NEWS | Comments(0)

特別感のある銀メッキのサービング・スタンド:1920年代以前

古い銀メッキならではの味と、凛としたフォルム。
同心円模様の細工が美しいサービング・スタンドです。
c0260295_13532554.jpg
SOLDOUT

日本の高坏(たかつき)にも似た、このサービング・スタンド。
詳細は不明ですが、ヨーロッパのボンボン・ディッシュではないかと思います。
c0260295_13532841.jpg
ボンボン・ディッシュとは、ティータイムや夕食後にデザートやチョコレートなどを提供するお皿の事。
足の無いタイプもありますが、個人的にはスタンドタイプの方が特別なおもてなし感が感じられます。
そういえば、日本における高坏も神饌のお供えに使われていますね。

年代物なので、見込み部分の銀メッキは剥げ、真鍮の肌を見せていますが、それも醍醐味。
台座や足、外側は銀メッキが適度に燻され、銀らしさが生きた古色がついています。
古色の具合から見ると100年はたっているのではないかと思います。
c0260295_13533757.jpg
c0260295_13533979.jpg
シンプルで気高さを感じるシャープなフォルムと細工は、装飾性の高いシルバープレートの中ではちょっと異色。
台座に施された同心円の模様はロゴマークともリンクしているのですが、残念ながらブランドは分からずじまいでした。
c0260295_13533440.jpg
c0260295_1353306.jpg
サイズは、直径約11.3cm、高さ10.5cm。
ボンボン・ディッシュとして使うもよし、普段使いのジュエリーを置いておくもよし。
使い方はあなた次第です。

他にも味のある古道具を取り揃えていますので、ご興味のある方はぜひお店を見にいらしてくださいね。【MAP
online shopもぜひご利用ください。
[PR]
by No_C | 2014-05-16 14:00 | モノのこと | Comments(0)

AAグリルバッジ_イギリス1960-1961

イギリスで1960-61年に発行されたグリル・バッジです。
c0260295_18524439.jpg
SOLDOUT

AA(Automobile Association)とは、イギリスを代表する自動車サービス団体の事。
日本で言うとJAFみたいな存在です。

最近、特にヴィンテージ・カーを愛する方々の間でグリル・バッジが大人気なのだそうです。
グリル・バッジとは名前の通りフロントグリルに装着するバッジの事。
ステイタスを表現するアイテムでもあるのです。(ホースブラスのカーverみたいな?)
c0260295_18524839.jpg
↑こんな感じに取付けます。

さて、そしてコチラは、1960-1961年に発行されたAAの“本物”のグリル・バッジ。
なぜ本物を強調しているかというと、同じタイプのものがリプロダクトで販売されているから。
こちらはイギリスに赴任された外務省の方が実際に使っていたもので、記載された番号も含め確認済です。
c0260295_18525059.jpg
1960年代のイギリス車と言えば、007愛用のアストン・マーチンやジャガー、ロールスロイスにベントレー、レンジローバー、ミニ・クーパーなど、目もくらむような名車が台頭した時代ですから、ヴィンテージカー好きにはたまらないですよね。

AAグリルバッジの歴史を示した英語サイトがあるので、ご興味のある方はコチラで時代やデザインをご確認ください。

また、取付け方を知りたい方はコチラのサイトをご参考ください。同タイプを親切に解説していただいてます。

大きさは、最大幅約9.7cm、縦11.0cm、奥行1.2cm。
1960年当時の夢のイギリス車気分に一歩近づけるかも、ですよ。

c0260295_18525662.jpg
c0260295_18525372.jpg

他にも味のある古道具を取り揃えていますので、ご興味のある方はぜひお店を見にいらしてくださいね。【MAP
online shopもぜひご利用ください。
[PR]
by No_C | 2014-05-15 19:00 | モノのこと | Comments(0)