東日本橋にあるオルタナティヴなショップです。時の枠を超えて愛着の持てる品々をご紹介します。        http://no-concept.net tel.03-5829-6113


by No_C

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

カテゴリ

NEWS
ミセのこと
モノのこと
オシャレまにあ
コトのこと
マチのこと
ショクのこと
オシゴト
ツレヅレ

タグ

(322)
(271)
(209)
(52)
(52)
(39)
(30)
(27)
(27)
(26)
(23)
(23)
(22)
(21)
(20)
(18)
(18)
(17)
(15)
(14)

最新の記事

2/18(日)『大江戸骨董市..
at 2018-02-14 15:30
『店舗移転前セール』開催中
at 2018-02-08 11:33
2/4(日)『大江戸骨董市 ..
at 2018-02-03 12:48
2/1(木)〜2/24(土)..
at 2018-01-31 13:01
1/28(日)『赤坂蚤の市 ..
at 2018-01-25 16:40
1/24(水)臨時休業
at 2018-01-23 12:34
1/21(日)『大江戸骨董市..
at 2018-01-20 12:34
謹賀新年
at 2018-01-03 19:19
年末年始の予定
at 2017-12-21 14:14
12/17(日) 大江戸骨董..
at 2017-12-15 13:13

以前の記事

2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月

記事ランキング

外部リンク

お気に入りブログ

EARTH_blog

ブログジャンル

アート・デザイン
コレクション

access

アルバイト労働条件

画像一覧

シャビーすぎ?固形水彩絵具セット二種

今回は、前回ご好評いただいた「宝石箱の固形水彩絵の具/WINSOR & NEWTON」に続き、日本製の固形水彩絵具のセットを二種類ご紹介します。
c0260295_1531614.jpg

じつはこれ、世界的に有名な版画家であり造形作家でもあるK氏の「シャビーな味わいのある固形水彩セットが欲しい」と要請で探したもの。
(K氏はすごい方なのですが、その事は改めてご紹介しますね)
残念ながらご要望に応えることは出来なかったのですが、そのシャビーさは哲学的にも感じられますので、皆様にも観ていただきたいのです。

ちなみに、以下にご紹介する二つの固形水彩をネット上で様々な検索をかけてみたのですが、情報は殆どなし。
分かっているのは、状態や微かに残った社名やロゴマークの一部から、どちらも日本製だということ。
年代は昭和初期くらいでしょうか?社名表記がすべて英字なので、もしかしたら海外輸出用だったのかもしれません。

商品_A【当店販売価格:7,500円】
c0260295_1591599.jpg
↑裏側をパレットとしても使用出来る蓋は3つに区切られています。
c0260295_1517838.jpg
↑蓋をあけると、強烈なシャビーが登場
c0260295_15171367.jpg
↑絵の具はまだ使用可。ただし、あまりオススメはできません。
c0260295_15171643.jpg
↑とことどころに英字ながら日本製らしき表記が。


商品_B SOLDOUT
c0260295_15321483.jpg
↑こちらの蓋は4つに区切られてます。デザイン的にはAよりもアールが強く、WINSOR & NEWTONに近い感じ。
c0260295_15341052.jpg
↑中蓋は白。鳥の羽のトレードマークが一部残されています。
c0260295_1534467.jpg
↑白の塗料の剥離具合がいいシャビー感。
c0260295_1534774.jpg
↑絵の具はかなり落ちています。

これらの二つの商品、現在も塗料や絵の具がポロポロと剥げ落ちる状態。
当店ではご購入いただいた方に自分好みのシャビー感を演出していただけるよう、現在剥離防止処置をしていませんが、気になる方には剥離防止を行った上でお渡しする事も可能です。

このかなり年季の入った年代物の固形水彩、私には日本のメーカーが海外の製品を模倣しながら懸命に創った意気込みと時の経過が生み出す残酷な悲哀感、そして全体的に穏やかな雰囲気に、人生を物語る哲学の匂いを感じさせるのですが、みなさんはいかがですか?

他にも味のある古道具を取り揃えていますので、ご興味のある方はぜひお店を見にいらしてくださいね。【MAP
[PR]
# by No_C | 2013-02-14 16:04 | モノのこと | Comments(0)

ハットしてGood

古いタイトルですみません (^_^;)。分かる人だけ分かってください。

さて、新しいモノやら古いモノやら、得体の知れないモノまで置いている当店ですが、冬物のファッションアイテムを明日2月13日より最終セールとして50%オフで販売させていただきます!!!

そこで、セール対象の中からオススメの帽子を幾つかご紹介します。
帽子は被るだけでカーディガン一枚分の体感温度だと言われていますし、簡単に着脱できるので、意外と便利。
それに、帽子をうまく着こなすだけで、オシャレ度急上昇するので、ぜひこの機会に試してみてくださいね。
今月までのセールで、売り切れ御免なので、御検討中でしたらお急ぎくださーい。
まとめ買いの絶好のチャンスですよ。


■ No1. クールビューティ!ツインベロア中折れ帽 
soldout
c0260295_1540187.jpg
↑ボリューム感のあるストールとも相性いいです。
c0260295_15402384.jpg
↑本物のカラーはもうちょいダークで大人感あります。
c0260295_15402749.jpg
↑ベロア調の柔らかい手触り。リボンもさりげなく上品に女らしさを強調。

いま大人気の中折れ帽を、ハードになりすぎず上品にアレンジしたこの帽子。
ベロア調のツィードに漆黒のベロアのリボンがアクセントになっていて、クールなのに優しい手触りと黒のベロアが上品さを演出しています。
甘さと辛さがうまーくミックスされているので、パンツスタイルにもスカートにも合いますよ。

素材はポリエステル65%、綿35%。大きさは57.5cmです。


■No2. クラシックビューティ!ヘリンボーン中折れ帽
soldout

c0260295_1551469.jpg

↑流行のデザインにクラシックな柄がマッチ。
c0260295_15515118.jpg
↑頭の先がやや細身になっていて、キリッとした印象。
c0260295_15515430.jpg
↑定番で美しいヘリンボーンにシルクの光沢のリボンをプラス。伝統に裏打ちされた上品さ。

ヘリンボーンの模様と素材感が美しい中折れ帽です。
先に紹介したベロアよりも、背筋が伸びてもクラシックモダンな感じ。
男性がつけても素敵ですが、個人的には敢えてガーリーな感じのお洋服にミックスして甘さを抑えるのに使いたいですね。

素材はポリエステル65%、綿35%。大きさは57.5cm。
これからの季節もまだまだ使えます。


■ No3. スェード&コーディロイ調のブレードハット 
SOLDOUT
c0260295_15592887.jpg

↑つば広だからこれからのシーズンにピッタリ。
c0260295_15593188.jpg
↑大人のガーリー。

ポリエステルと綿が素材のブレードハット。
一見ガーリーなデザインなのに、しっとりと落ち着いて見えるのはスェード&コーディロイ調の質感と濃淡のブラウンの組み合わせだから。

そのままガーリー風に決めてもよし、マキシ丈のスカートでキレイめヒッピーテイストにするも良し、あえてタイトなスーツに合わせて女優風にするも良し。
おしゃれの幅が広がりそうです。大きさは57.5cm。


■ No4. ふかふかアンゴラスェードの中折れ帽 
SOLDOUT
c0260295_16163930.jpg
↑見るからにふわふわ。
c0260295_16164450.jpg
↑秘密はこのアンゴラ感。

ウールが45%入った素材をアンゴラ調に仕上げたこの中折れ帽。
ふわふわした質感がシャープなデザインと相まって、これ一つで甘辛ミックスしてます。
細身の編みこみスェードと金具のアクセントも効いてます。

手触りも柔らかくて温かいので、ご購入はお早めに。
ただ、中折れ帽もアンゴラタッチも来年まで流行は続くので、この値段なら今年の秋のために購入しておいても良いかもですよ。

大きさは57.5cmです。


■ No5. 大人のウール100%ベレー帽 
SOLDOUT
c0260295_16272795.jpg
↑写真で色が再現出来ていませんが、グレー味のある大人なカーキ色です。
c0260295_16272795.jpg
↑シンプルなデザインだからこそ、色と素材の美しさが大事。

意外と探しても見つからないのが、大人が似合うベレー帽。
上品で、素材感があって、誰にでも似合う優れたベレーはないものか?と、探して見つけたのがこちらです。
グレイッシュなカーキにウール100%の上品な質感が加わって、とても贅沢な素材感。
デザインもシンプルながら、深めにかぶれるので、顔周りにフィットして誰にでも似合いそうです。

一見地味に見えますが、かぶれば知的な可愛さが演出できて、気に入っていただけると思いますよー。
ぺったんこになるので、バッグの中に忍ばせておくのにいいですね。
大きさは57.5cm。

写真で帽子の良さを伝えるのはとても難しいのですが、参考になりましたでしょうか?

興味のある方は、ぜひお店へいらっしゃって下さいね。【MAP
お問い合わせもお待ちしています。
[PR]
# by No_C | 2013-02-12 15:27 | オシャレまにあ | Comments(0)

フリーマーケット in 秋葉原UDX

2月10日(日)に初めて秋葉原のフリマにチャレンジブースで参加しました。

参加理由は近かった事と、知り合いのクリエイターさんから「あそこは売れるよ」と聞いていたから。

秋葉原に来る方たちの興味のあるものを揃えようと、モデルガンやミニカー、その他にもコレクターズ・アイテムなどを持参したのですが、結果はビミョー(^_^;)。

まず、モデルガンは持ち込み禁止だったため、すぐにチェックが入り展示する事ができませんでした。
なので、ミニカーや雑貨などを中心にしていたのですが、ヴィンテージアイテムで値段が高額な事もあり、距離を置かれている感じがヒシヒシと伝わってきました。
c0260295_1328719.jpg
↑精一杯の秋葉原仕様だったのですが…

午後にはぐっと人出は増え、細い歩道は大混雑状態。
ですが、やはりここに来られるお客様の目的は現代モノのフィギュアやキャラクター商品のようです。

残念ながら、やはり当店は秋葉原向きではないのですねー。
今週末は大江戸骨董市があるので、そちらで頑張ります!
[PR]
# by No_C | 2013-02-12 13:35 | NEWS | Comments(0)

ギフトショー2013 Spring

こんにちは。
2月も半ばとなりましたが、まだまだ寒いですね。
今夜から明日の朝にかけて、また雪が降る可能性もあるとか。
みなさま風邪には十分にご注意くださいね。

さて、遅いご報告なりましたが、先週の金曜日に一年ぶりにGift Showに行ってきました。
ギフトショーは3日間で約20万人が来場するという、日本最大の展示会。
ここで、商品はバイヤーにお披露目され、いずれ皆さんの目に留まる事になるのです。

最終日の午後過ぎの入場だった事と、打ち合わせがの約束があった事で、西館はほとんど見ることはできませんでしたが、それでも時代を反映したグッズの数々と触れ合う事ができました。
特に「ACTIVE DESIGN & CRAFT FAIR」は、クリエイター達のアイディアと創造性が詰まった、感度の高い構成で、いつも刺激をもらっています。

普段店に引きこもっている私には、人もモノも刺激も多すぎて、終了間際にはヘトヘトに。
アサイージュースを片手に冷たい空気にあたりに4階の駐車場へ出ると、そこには美しい夕焼けが広がっていました。
c0260295_12564337.jpg
↑冬の夕日が創りだす長い影。

久々のお台場と美しい夕焼けを見た後は、直行のバスで東京駅へ。
行きは「ゆりかもめ」を利用しましたが、バスのほうが早くて快適ですね。

次回は「ACTIVE DESIGN & CRAFT FAIR」に自分たちが出展できるよう頑張りたいと、モノづくりへの想いを再確認した一日。
[PR]
# by No_C | 2013-02-12 13:13 | コトのこと | Comments(0)

2月10日(日)の営業について

2013年2月10日は以下の秋葉原へのフリマ出店のため、お店はお休みさせていただきます。

秋葉原は初出店ですが、古道具やアンティーク雑貨とは違う品揃えで「アキバver.」を展開する予定。
趣味の方やモノ好きの方とお会い出来る事を期待しています。

いろんなタイプのお店が参加されるようなので、みなさん良かったら覗いてみてくださいね。

また、ご来店を予定いただいていた方、どうかご予定を改めていただけると幸いです。

● 02月10日(日) フリーマーケット in 秋葉原UDX

また、翌週の日曜日には東京国際フォーラム「大江戸骨董市」へ出店します。

こちらは質の高い骨董がいっぱい揃っていて、骨董好きにはたまらないマーケットなので、こちらもぜひ覗いてみてくださいね。
c0260295_2121346.jpg

[PR]
# by No_C | 2013-02-09 21:22 | NEWS | Comments(0)

17世紀の教会仕様:デルフト焼きタイル

骨董・アンティークファンのみなさま。
最近セールをしていた事もあり、ファッションアイテムのご紹介が多かったので、物足りなさを感じていた方も多かったと思います。すみません。

なので、今回は当店のとっておき、どーんと17世紀のデルフトタイルをご紹介します。
c0260295_14385627.jpg
【当店販売価格:20,000円】

日本で大人気の画家ヨハネス・フェルメール。
そのフェルメールの生地であり、創作活動を続けたのが、オランダの南ホラント州にあるデルフト。
16世紀から陶器の製造が始まったこの地では、現在までも「デルフト焼」と呼ばれる陶器が名産とされています。

デルフト焼をご存じない方もいると思いますが、デルフト焼は17世紀にたいへんな貴重品であった中国(明)の磁器をオランダのデルフト窯で模倣して作られるようになった焼き物のこと。
磁器ではなく、陶器に厚く白い釉薬をかけて素地をつくっています。
高価で入手しにくくなった中国磁器に似せ、粉骨やマヨルカ焼等で用いるスズ釉を用いて、白く滑らかな地肌に仕上げられました。
c0260295_1439715.jpg
現在のデルフト焼きは17世紀に日本から渡った伊万里焼の影響を受け、デルフトブルーと呼ばれる青い彩色がされたものが一般的ですが、彩色や絵付けが増えたのは1700年(18世紀)の頃から。
専門家の中には「1750年以降のデルフト焼は美術品としての価値が下落した」という人もおり、特に17世紀〜18世紀前半のデルフト焼きに価値が高いとされています。

日本でも江戸時代にオランダから伝わったデルフトを中心としたヨーロッパの陶磁器を総称して「和蘭陀(おらんだ)」と呼び、エキゾチックな作風が茶人に喜ばれて水指、建水、火入などの茶道具に見立てられたそうです。

さて、ではこのデルフト焼のタイルはというと…
時代は17世紀のもので、オランダ国内の教会の床に用いられていたもの。
さる六本木にあるギャラリーで展示されていたものを譲っていただいたものです。

大きさは、縦130mm ✕ 横130mm✕厚み18mm。
教会の床という使用目的がハッキリしていたのでしょうか。彩色は一切なく、素朴で地肌を生かしたものになっています。
釉による光沢感は薄れ、無数に入った薄いヒビや欠けが、時間と人の痕跡を感じさせ、味になっていますね。
この一枚だけで、十分完成された作品です。
c0260295_14392959.jpg
↑表面は滑らかでひんやりと冷たく、なんとも言えない色合い。写真で再現できてないのが残念 (-.-;)
c0260295_14422827.jpg
c0260295_14424932.jpg
↑ちょっとだけ飾りつけてみました。

デルフト焼はオランダでも今後発掘ができなくなり、ますます希少なものになっていくと言われています。

ご興味のある方はぜひ実物を見にいらしてください。【MAP
通信販売をご希望の方は「N°CONCEPT.stores.jp」をご利用ください。
電話・メールでのご注文もお受けしています。
[PR]
# by No_C | 2013-02-06 14:51 | モノのこと | Comments(0)

SALE : ファー!ファー!ファー!⑤

ファーのセールのご紹介は今回が最後です。
本当はもっとたくさんあるのですが、さすがに飽きると思うので。
もっとご興味のある方はお問い合わせくださいね。

で、最後を飾るとっておきの豪華素材をご紹介です。
憧れのミンクがこの価格で。。。
誰かに「それ、何?」って聞かれたら、どうかドヤ顔で「ミンクだけど何か?」って答えてください。
c0260295_17354244.jpg
soldout

下の写真のように、ミンクは光に当たる度にキラキラと輝く差毛と柔らかで保温性に優れた綿毛が特徴。
毛皮の宝石とも呼ばれるハイソで上級者向け素材です。
c0260295_17354485.jpg
そのミンクを丁寧に編み上げ、首に沿ってしっかりフィットするデザインに仕上げました。
フラワーモティーフの通しが付いているので着脱も簡単。
ゴージャスなだけでなく、女性らしいかわいらしさも加味されてさらに華やかです。

細身のデザインなので、ボリューム感を求める方には、ちょっと不向きかもしれませんが、存在感はさすがです。
憧れのミンクが第一歩はここから。
どうぞ存分にハイソ気分を満喫してください。

ご興味のある方はぜひお店へいらっしゃって下さいね。【MAP】
お問い合わせもお待ちしています。
[PR]
# by No_C | 2013-02-01 17:39 | オシャレまにあ | Comments(0)

SALE : ファー!ファー!ファー!④

本日もファー祭りは続きます。
ご紹介は今回を含めてあと2回なので、どうぞ飽きずにお付き合いくださいませ。

で、ラビットのショートなショールです。
今回、御紹介した中でラビットは初めてですね。
手頃な値段で入手でき、カジュアル感あるので、ファー初心者の方にラビットはオススメ。
そんな中でもコチラは、ラビットの良さを存分に楽しめ、まだまだ活躍してくれそうなアイテムです。
c0260295_1344487.jpg
SOLDOUT

こちらはアクリル素材の薄手のニットにラビットファーを編み込んだもの。
これだけのボリュームで、この価格はお得です。

ニットもファーも軽くて柔らかいので、くるくると丸めてバッグにスポッと入ります。
肌寒い時に肩を温める用に持ち歩いてると便利です。
c0260295_1344869.jpg
c0260295_13441193.jpg
↑後ろはこんな感じ。丁寧にラビットが編みこまれています。

ふんわり軽く、ナチュラルな色味なので、重くなりすぎず薄手のものにも似合います。
春はレースや刺繍のガーリーなファッションが流行るので、春先にこんなショールを合わせてみませんか?
ヒッピーテイスト入って大人カワイイですよ。
中折れ帽など合わせるとさらにオシャレ度もアップしますよ。
c0260295_13441442.jpg

ご興味のある方はぜひお店へいらっしゃって下さいね。【MAP】
お問い合わせもお待ちしています。
[PR]
# by No_C | 2013-02-01 13:47 | オシャレまにあ | Comments(0)

SALE : ファー!ファー!ファー!③

黒のレッキスのロングスヌードの登場です。
c0260295_20234712.jpg
 SOLDOUT

黒のレッキスってあまり見かけないのですが、これは光沢があってとてもキレイな黒。
本当にチンチラと間違えそうなくらいの高級感です。

レッキスの特徴である、柔らかさだけでクセになりそうな品ですが、実はロングな分だけいろんなアレンジが可能な便利ものでもあります。
しかも、1回だけのツイストが入った無限大マークのデザインになっているので、ただ首にぶら下げただけでもシッカリ決まる。こういうちょっとした工夫が心憎いです。
c0260295_20241998.jpg
↑肩にかける形でショール風に
c0260295_20242925.jpg
↑コートを着る時は前を合わせてベスト風に

これから暖かくなってコートではちょっと。。。っていう時に、冷えやすい肩口を包んだりも出来そう。
あえて薄手のワンピースにレックスのスヌードを合わせるのってオシャレな感じです。

ご興味のある方はぜひお店へいらっしゃって下さいね。【MAP】
お問い合わせもお待ちしています。
[PR]
# by No_C | 2013-01-31 20:28 | オシャレまにあ | Comments(0)

SALE : ファー!ファー!ファー!②

勝手にファー祭りしています。

次は珍しいダウンとピーコックのコンパクトなマフラー。
c0260295_19182735.jpg
c0260295_1919759.jpg
soldout

お布団の素材でお馴染みのダウン。だから温かいのは当然ですが、ファッションアイテムに使われているものは、あまり無いですよね。
そのイメージを覆して毛足の長い良質なダウンに、孔雀ことピーコックの羽をあしらって表情をつけたのが、こちら。
c0260295_19191989.jpg
ワインレッドのカラーが大人で。十分華やかな感じなのに、このお値段なのは素材への偏見から?

ありきたりのファーに飽きてきた方、手頃な価格でファーを楽しみたい方、人とはちょっと違うものを楽しみたい方にオススメですよ。

ご興味のある方はぜひお店へいらっしゃって下さいね。【MAP】
お問い合わせもお待ちしています。
[PR]
# by No_C | 2013-01-31 19:21 | オシャレまにあ | Comments(0)