東日本橋にあるオルタナティヴなショップです。時の枠を超えて愛着の持てる品々をご紹介します。 【HP】 http://www.no-concept.info/index.html TEL:03-5829-6113


by No_C

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

NEWS
ミセのこと
モノのこと
オシャレまにあ
コトのこと
マチのこと
ショクのこと
オシゴト
ツレヅレ

タグ

(283)
(236)
(186)
(52)
(52)
(39)
(30)
(27)
(26)
(26)
(23)
(23)
(21)
(20)
(17)
(15)
(15)
(14)
(14)
(13)

最新の記事

6/3(土) 日本橋こっとう..
at 2017-05-29 13:13
5月21日(日) 大江戸骨..
at 2017-05-17 11:22
いよいよ 5月13日(土)・..
at 2017-05-08 13:00
5/6(土) 日本橋こっとういち
at 2017-05-04 12:12
5月の参加イベント
at 2017-04-26 15:15
4月29日(土) は 15時..
at 2017-04-24 11:30
4月23日(日) 赤坂蚤の市..
at 2017-04-19 09:50
4月16日(日) 大江戸骨..
at 2017-04-10 12:48
今週の営業
at 2017-04-03 13:31
4/2(日) 大江戸骨董市..
at 2017-03-31 15:51

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月

記事ランキング

外部リンク

お気に入りブログ

EARTH_blog

ブログジャンル

アート・デザイン
コレクション

access

アルバイト労働条件

画像一覧

革とピストル

昨日終わるはずだった世界は、今日も刻々と時間を進めています。
でも、もしかしたら気がづかないままに世界は大きな変化を遂げているのかもしれませんね。

骨董市に出店していて、一番多くのお客様の関心をひくモノ。
当店の場合、それはスバリ『モデルガン』です。
(置いてるところが少ないというのも理由の一つでしょうが)
重さも質感も本物ソックリに似せたその姿に、女性の方は驚き、男性は興味津々な様子。
中には「それ、本物でしょ?」という方もいらっしゃいますが、いえいえ、それではお縄をかけられてしまいます。あくまでも気分を味わって音や重量感、触感などを楽しんでいただくためのものですので、ご安心ください。

しかし、革と金属の組み合わせって、どうしてこうも魅力的なんでしょう?
メタルのクールな質感をなめらかな革が包み込み、危うさを感じさせながらも優しいというか、男性的なのに女性的というか。。。

骨董市に出しているものを含め、現在当店には6丁ほどのモデルガンをご用意していますので、そのうちの一つをご紹介します。

↓COLT'S MK IV / SERIES'70 完動品(金属製ガスGun)&専用の革製ホルスター
SOLD OUT
c0260295_1571794.jpg

↓ずっしりと重量感のある金属にウォールナットを使用したグリップ。刻印まで本物ソックリに仕上げられています。
c0260295_1573534.jpg

↓ホルスターを身にまとうと、一層壮観。それもそのはず。ホルスターはアメリカのビアンキ社の実銃用のもの。専用のモデルなので、硬質でピッタリに成形された革がしっかりとガンを包み込みます。
c0260295_1582155.jpg


こちらは店長が趣味で7~8年前にオークションで入手したもの。
日本製な事はわかっているのですが、メーカー名など詳細は不明なのが残念 (*´Д`).
でも詳しい方なら見ていただければ質の良さはおわかりいただけると思います。
また、本体はダイキャストよりは光沢感が強く、経年による変色等が少ないので、ステンレスモデルかもしれません。

他にも味のある古道具を取り揃えていますので、ご興味のある方はぜひお店を見にいらしてくださいね。【MAP
online shopもぜひご利用ください。
[PR]
# by No_C | 2012-12-22 15:22 | モノのこと | Comments(0)

「洋食 まつおか」さんのハンバーグ

「洋食 まつおか」さんには公私共にいつもお世話になっています。
お店をやっていると普通の時間に食事をするのが難しいので、ランチをいただくのも遅めの時間。
まつおかさんではランチは2時半までやっているので、無遠慮にギリギリの時間にうかがう事が多いです。

ランチメニューは、ほとんど全ていただいたのですが、ハンバーグランチは初めて。
名物メニューの一つなのにね。
ちなみにご主人の治男さんご自身がハンバーグがお好きだそうで、そのこだわりは相当なもの。
期待大です。

↓まずは、コンソメのスープ。
出来立ては生姜の香りがプンとたって美味しいので、早い時間に行くのがオススメです。
c0260295_11301522.jpg

↓ハンバーグ+ご飯。お野菜もボリュームたっぷり。エビフライもサックサク!ナイスコンビです。
c0260295_11301714.jpg

↓わかりますか?この肉汁感。切ったとたんにジュワーッと。
c0260295_11302076.jpg

最後は、香り高く美味しいコーヒーで〆。
お肉の油が流し落とされるようなスッキリとした味わいです。

スープからコーヒーまでついてお値段は1,000円なり。
コスパ高いですよー。
[PR]
# by No_C | 2012-12-22 11:34 | マチのこと | Comments(0)

骨董とイケメン

今日も寒いです。
予報では三連休にかけて、さらに寒くなるとか。
(通称:クリスマス寒波)
せっかく寒いなら雪でも降って、ホワイトクリスマスで恋人たちのロマンチックな時間を演出して欲しいものですね。

先週日曜日は有楽町の国際フォーラムの「大江戸骨董市」に二度目の出店をしました。
この日は前日までとは違って最高気温17度のポカポカ陽気。風もなく、非常に穏やかな冬の日です。

ノーコンセプトは今日もアートショップ近くの中央の通りにスペースをいただきました。

↓品揃えも先週のベストフリマよりもノーコンセプト寄り。
c0260295_1943798.jpg
c0260295_15251827.jpg

この日に知ったのですが、実はこの小道、通称「イケメンストリート」と呼ばれているらしいです。
確かに骨董という古臭いイメージとは一味違う、スマートでセンスの良い男性のお店が並んでいます。(30代中心?)

↓一番手前は青山にあるロシアの雑貨を扱う「はいいろオオカミ」の佐藤さん。
日本ではなかなか見ないロシアの雑貨は、かすかにアジアの匂いもあり、日本人の生活にも取り入れやすい感じ。佐藤さんは爽やか&知的なイケメンさんです。
c0260295_1944318.jpg

文化的な匂いをまとったイケメン男性に、由緒ある品物を優しくレクチャーしてもらえるなんて素敵ですよね。
女性の皆様、最近の骨董市は(ちょっぴり)オシャレなものに変わりつつありますので、どうぞ気軽にいらして見てくださいね。

ノーコンセプトは、1月は5日と19日の日曜日に出店します。
よろしければ覗きに来てくださいね。
[PR]
# by No_C | 2012-12-21 19:28 | NEWS | Comments(0)

京都先斗町のおばんさい

先日「FUDGE」の取材を受けたばかりのワタクシですが、翌日には取材する側として、別のオシゴトで出張してきました。

ここ数週間、仕事が立て込んでいて。。。。
複数の、どれも気を抜けない事案が重なると、不器用な私は少々パニックになってしまいます。

そんな中、遂に飛び込んできたのは超ハードな出張。
スケジュールは始発の新幹線で豊橋で取材を終え、その後京都でもう一件取材をして、その日のうちに東京に戻るというもの。
それでなくても夜型&朝が弱いので、お昼ごはんを食べた後は睡魔の波状攻撃を受けましたが、なんとか乗り切りました。

取材は18時ころに終了し、少しでも出張の役得感が欲しかったので、同行させていただいたメーカーのYさんと二人で先斗町にある「酒亭ばんから」へ。
グルメなYさんが事前に調べて薦めてくれたお店です。
京都は二度ほど来ていましたが、先斗町は初めて。
繁華街の真ん中の、こんな細い通りだとはビックリ!
でも、趣があってほんと素敵です。

酒亭ばんから」さんは、先斗町の通りをさらに脇道に入った、これぞ穴場って感じのお店。
古い民家を改造し、1階はカウンター、2階は大人数向けのテーブル席になっています。
お店の雰囲気もモチロン素敵ですが、お料理はまさに至福の世界。
なので、写真とともにご紹介しますね。

↓まずは先付け。白子の焼き物、湯葉、キノコの三種だったと思います。先付けだからと言って手を抜かないのはサスガです。
c0260295_195632.jpg

↓お酒は「丹波深山の赤ぶどう酒」。この味、昔おばあちゃんが作ってた自家製ぶどう酒にソックリ!こっそり隠れて少しづつ飲んでた記憶が蘇りました。
c0260295_19561744.jpg

↓あん肝の炙り焼。塩味で意外とあっさり食べられます。
c0260295_19583320.jpg

↓おでん。一つ150円から食べられます。大根も卵も出汁の味がしっかり中まで通ってて、なのに食感はしっかり。奥の赤いのは「赤こんにゃく」と言って、東京ではなかなか食べられないものです。
c0260295_2001294.jpg

↓お作りはブリで。刺身と炙りのセットで提供されます。一緒だったYさんは炙りの美味しさに取り憑かれておりました。
c0260295_2023832.jpg

↓牛すじのネギ煮込み。コラーゲンたっぷりのプルプルの牛すじが、お口の中でとろけます。コンビニおでんの牛すじしか知らない方はその柔らかさにビックリするかも
c0260295_2035096.jpg

↓えび芋のカニあんかけ。ほっくり揚げた芳ばしい海老芋に出しとカニの旨みがジュッと染み込んだ絶品の一品。グルメなYさんはなおも感動中です。
c0260295_2053145.jpg

↓蓮根まんじゅう。すり下ろした蓮根に具材を加え、一度蒸してから油で揚げ、あんをかける、なんとも手のかかる一皿。ほんと家じゃ作れない。
c0260295_209829.jpg

↓ネギのチーズ焼き。あっさりとコッテリのベストバランス。どんなお酒にも合いそう。
c0260295_20112634.jpg


本当はこの後に自家製のちりめんじゃこの混ぜご飯と、卵とチーズの味噌漬けを頼んだのですが、うっかり写真を撮り忘れてしまいました。すみません。こちらも美味しかったですよー。

お腹いっぱい、しっかり食べて、しっかり飲んでお会計は一人6,000円ほど。食事だけなら3,000円ちょっとくらいで済むかも。
なんてリーズナブルなのー!そこらの東京の居酒屋と変わらないじゃない!

すべてのお料理が出しがしっかり効いていて、どれも手間暇惜しまず作っているのがしっかりと伝わってくるものばかり。
あぁ。こんなにすぐに人を幸せに出来るもの、それ名は「美味なる食事」なり。

帰りの新幹線は終電で途中まで立ち乗りでしたが、それでもしっかり幸福感は継続中。
出張あって良かった、と思える私はゲンキンすぎるでしょうか?
[PR]
# by No_C | 2012-12-17 20:30 | ショクのこと | Comments(0)

FUDGEの取材

No CONCEPTがオープンして5ヶ月が経とうかという12月12日、高感度な女性向けのファッション誌「FUDGE」 Vol.116 ( 1月12日 発売号 ) の取材が入りました。

FUDGEは、ハイセンス&ハイカジュアルなファション情報が充実した、20代半ばの女性をターゲットにしたファッション誌ですが、服のセレクトや着こなしはもちろん、画の美しさでも人気の月刊誌です。
私も以前から知っていましたし、友人のちょっとトンガッているコはみんな読んでます。
なので、全国紙初登場が「FUDGE」だった事はすごく嬉しー!感激です。

メンバーは、編集の浅井さん、カメラマンの大塚さん、そして、コーディネーター兼ライターの塚本さんの3名。
朝の11時から始まったこの取材、「いっぱい(違う種類のものが)ありすぎて、どこを撮っていいのかわからないー」と編集の浅井さんをいきなり困らせながらも、浅井さんと大塚さんは一生懸命店内を撮影してくれました。
本当にありがとうございました。

↓向かって左から、編集の浅井さん、カメラマンの大塚さん、
そして、お店をFUDGEに紹介してくださった MÄRKTE ( マルクト ) の塚本さん。
c0260295_19241426.jpg

基本私と店長は質問魔なので、取材中は塚本さんに仕事のことや経歴などを、質問攻めでした。
実は塚本さんは、馬喰町のアガタ竹澤ビルにある「 MÄRKTE (マルクト) 」のオーナーであり、ビルを有名にしただけでなく、馬喰町を雑貨の街へと導いたパイオニアでもあるのです。
これからもいろいろと勉強させてくださいね。

発売が本当に楽しみー。
そしてFUDGEを見て「ここに行きたい」と思ってくださる方とお会いしたいです。
[PR]
# by No_C | 2012-12-17 19:30 | NEWS | Comments(0)

ベストフリマな日曜日

12月9日の日曜日、ベストフリマin東京国際フォーラムに参加しました。

先週に続き、気温は低く寒ーい一日でしたが、気温が低い分空気が澄み渡る感じ。
出店場所の日当たりは悪いものの、周りには冬の晴天らしい光が差し込んでいました。
c0260295_15494642.jpg

ベストフリマは初めての出店で、ヨーロッパの蚤の市をイメージしたそう。
出店されていた方も様々で、手作りのものやファッション系のもの(古着など)が多いようです。
あ、化粧品が格安で販売されてたりもしましたよ。

素人さんというよりはセミプロ〜プロの方がセール感覚で販売されているという感じです。
私もコーディロイとウールのセーター、それと刺繍入りのスカートの古着を激安価格で購入。
早速翌日に着させていただきました。

さて、そんな中、今回のノー・コンセプトは前回よりもちょっとだけ「生活より」の品揃え。
基本的に『骨董品不可』のマーケットなので、お買い得な手袋やグッズ、均一商品なども織り交ぜて挑戦です。
c0260295_155912.jpg

さて、その結果は・・・というと、均一商品や生活用品はあまり人気がなく、アンティーク系なものにご興味を寄せていただきました。
他にも服飾小物や生活雑貨を扱われているお店様が多かったので、競合が多すぎて生活チックな商品は売れにくかったという事なのでしょうね。

でも、お陰様で今日も多くのお客様にお店の商品たちを見ていただく事ができました。
寒い中、わざわざ足を運んでいただいたお客様、本当にありがとうございました。
いろいろと教えてくださったお隣様、ありがとうございました。またお会いしたいです。

出張マーケットは朝が早い事もありお店に戻るときにはいつもクタクタ。
でも、普段は出会えない方々とお会いしてお話する機会が多いのは幸せです。
[PR]
# by No_C | 2012-12-17 16:15 | NEWS | Comments(0)

「洋食 まつおか」さんでほっこり

寒いです。
この時期の寒さって、カラダがまだ冬仕様になってないせいか、すごくこたえます。
特に昨日は夕方からの小雨とあいまって、冷え込みました。
忙しい日が続いたせいかな? それとも風邪気味? 気持ちまでイライラするーー!
などと弱気かつ荒れがちな気持ちを回復するため「美味いもの食べるぞ!」と、店から徒歩5秒のお向かいの「洋食 まつおか」さんへ駆け込みました。

こちらのご夫妻は東日本橋に出店前は、カナダでお寿司屋さんをなさってたという経歴の持ち主。
しかもベースはフレンチなので、日本人の口に合う繊細な洋食を出されています。
気さくなお二人なので、女性一人でも気軽に入れるお店です。

「ひとり飯いいですか?」と聞くと、「どうぞ」と優しいお答え。
それだけでも和むのですが、入口近くのカウンターには季節の野菜を煮込んだ大皿の「おばんさい」が三種並んでいて家庭的な雰囲気です。
c0260295_12293114.jpg

頼むメニューはかなり迷ったのですが、空腹感に耐え切れずがっつりのポークカツ(1200円)とライスを頼みました。
実はこのポークカツ、なぜかビーフかつより200円ほどお値段が高い。
尋ねてみると「大きさが違うよ」とのこと。

で、登場すると確かに大きい。付け合せの野菜もたっぷりです。
c0260295_12353731.jpg

このボリュームなら二人でも満足出来る量です。

味は衣さっくり、お肉ジューシー、ソースはコクがあるのにシツコクない。
「おいしー!」ということで、あっという間に完食。
こちらの揚げ物はすべて衣が繊細でサクサクしていて、胃にもたれにくいんです。
あ、でも普通女性にはボリュームがありすぎると思うので、誰かとシェアするのがオススメですよ。

〆に裏メニューのプリンとコーヒーをいただきましたが、この時点ではもう至福のひとときです。
c0260295_12421331.jpg

ココロがほっくりほぐれ、カラダもポカポカして来ました。

写真を撮り忘れましたが、こちらのコーヒー本当に美味しくて大好きなんです。
やや煎りの浅い、アメリカンタイプの香り高いコーヒーは、意外となかなかないんですよね。

お店に戻った時にはなんだかイライラもすっかり治まっていて、心なしかカラダのコリまでほぐれたような。。。
結局、お腹すいてイライラしていたんですね。
寒さに震え、イライラする時は、ぜひ美味しい物を食べましょう!

次回は新登場の冬メニュー「チキンロールのクリーム煮?」をいただきます。
楽しい会話と美味しい食事でココロとカラダを温めてくださいね。
ごちそうさまでした。
[PR]
# by No_C | 2012-12-04 13:01 | マチのこと | Comments(0)

いざ、骨董市に初参戦。

昨日の12月2日、大江戸骨董市に初出店しました。

もともと蚤の市や骨董市好きではありますが、これまではあくまでも買う方の立場。
いざ自分たちが出店するのは初めてで、期待と不安でドキドキです。
しかも、大江戸骨董市は数ある屋外フリマや骨董市の中でも大規模&最上の品揃えと言われるだけに、初心者としては不安にもなりますよね。

今年一番の寒さとビル風の中でしたが、国際フォーラムには出店者様とお客様が大勢いらしてました。
No CONCEPTは中程の良い場所をいただいて、こじんまりと、でもしっかりと営業しましたよ。

一番小さなブースではありましたが意外にスペースが広く「あれれ?商品が足りない?」と思わせるくらい。次回はもっとしっかり商品を積み込まねば。

↓ブース全体ではこんな感じ
c0260295_17371420.jpg

↓商品の品揃えはしっかりノーコンセプトのテイストで
c0260295_17382612.jpg

寒い中、当店の商品をお買い上げいただいたお客様、本当にありがとうございました。
お店のカードをお持ち帰りいただき「お店に行きますね」と言ってくださったお客様、心よりお待ちしています。
「面白いね」と言ってくださったお客様、次回はもっと面白いモノをお持ち出来るように頑張ります。
お隣のブースで初心者の二人を温かく教え導いてくれた出店者様、ご親切に感謝いたします。

まだまだ不慣れではありますが、お客様や他の出店者様との会話が楽しくてくせになりそう。
店長とともに「どんどん出店するぞ!」と、にわかに燃え、次回は12月9日「ベストフリマin東京国際フォーラム」。12月16日には「大江戸骨董市」に参加する事を決め、ただいま申し込み中です。

寒さはどんどん厳しくなりますが、熱い心と品揃えで頑張りますので、これからもどうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
# by No_C | 2012-12-03 17:56 | NEWS | Comments(2)

クリスマス仕様

季節はまだ11月だというのに寒いですねーー。

eco節電の事もあって、No CONCEPTも日々クリスマス&冬仕様に変化しています。

■ 変化その1:外のスポットライトを電球型蛍光灯に。
これまでは100W×5灯でしたが、これでは明るすぎるし、電力使いすぎ!
ということで60W型(実質15W)にチェンジしてみましたが、
あれれ? なんか電灯が白くて寒々しいぞー。

■ 変化その2:クリスマス仕様にイルミネーションを飾ってみる。
「裏路地でひっそりと…」が主旨の店ではありますが、寒そうな店はいや!
なので、キラキラのイルミネーション3種を買い込みつけてみました。

で、結果がこちら↓
c0260295_19563054.jpg

いかがでしょう? イルミネーションの光が見えづらいのですが、少しは温かい感じになりましたでしょうか?
ちなみにテーマは「ごほうび」。
それは、商品アイテムにも関係するのですが、そのお話はまた改めますね。

コートの襟を立てて足早に家に帰りたくなる季節ですが、あったか商品もご用意しています。たまには光に誘われてお店にも遊びに来てくださいね。[SHOP MAP]
[PR]
# by No_C | 2012-11-28 20:09 | ミセのこと | Comments(2)

G-TRYさんの刺繍の世界

日本一の繊維問屋街に近い東日本橋には、アパレル企業様や服飾小物の会社様、またアパレルに技術や製品を提供する会社様がたくさんあります。
どこも高い技術と日本ながらの高い質を提供されている会社様ばかりなので、お仕事の話を聞くと、そのこだわりや志にいつも感心させられます。
「モノづくり日本」の精神はちゃんと生きているのだな、と安心さえしてしまいます。

今日は、そんな会社様の一つ、我が東日本橋で数々のアパレル様に刺繍の技術を提供している「G-TRY」さんの展示会に伺いました。

二階の入り口を入ると、まず目にはいるのは自然素材をあしらったディスプレイ。
テーブルの上と下に可愛らしいモノものが整然と並べられ、一瞬で優しい気持ちになれます。
c0260295_16271441.jpg

来場された方のココロを和ませる他にも、G-TRYさんのエコへの配慮や美意識が感じられます。
また、来年は素材のミックスや自然をモチーフにしたファッションが来ると予想されているので、流行をさりげなく感じさせる、シンプルながら効果的なディスプレイです。
中にはNo CONCEPTでお求めいただいたものもあり、大切にしてくださっているのが感じられます。お買い上げいただいた商品がこんな晴れ舞台に上がってくれるのは嬉しい限りです。

会場では手刺繍の実演も行われており、複雑な美しい刺繍が職人さんによって一瞬にしてできていく様子が見られました。
c0260295_16363411.jpg

↓手元を見るとこんな感じ。日本の技術ってスゴイ!
c0260295_16371236.jpg


その他にも様々なサンプルが置かれていて、その一つ一つにこれまでの刺繍の概念は覆される感じでした。
恥ずかしながら刺繍って中学校の家庭科でお花のクッションを作った記憶以外あまりなかったのですが、様々な素材やデザインが「刺繍」という技術を介して成長する感じがします。

特にビックリしたのは革とファブリックが自然にグラデーションを作っているこちら↓
c0260295_16425974.jpg

革の下にファブリックを敷き、針を通すことで下地の模様が革の表面に現れるそうです。
針を通す数によって模様をくっきり出すこともボンヤリさせる事も可能で、それを組み合わせると写真のような、革に自然なグラデーションが出来るというわけ。
素材の組み合わせや、針の処理の仕方で可能性は無限大です。

その他にも、美しい刺繍や、立体感のある驚きの刺繍など盛りだくさん!

↓ 丁寧に編みこまれた糸の立体感が美しい!
c0260295_164826100.jpg

↓ 平面的な処理と立体的な刺繍の組み合わせ。刺繍とは思えない。
c0260295_16484451.jpg

↓ 一見布の上にバッグを置いているように見えますが、このバッグは布に施された刺繍!
c0260295_16505017.jpg

↓ かわいいーーー!このままワンピースにしたい!
c0260295_16521159.jpg


刺繍と言っても、まるで高級レースと見間違うものから立体的でアーティスティックなものまであり、すごく創造力が刺激されます。

G-TRYさんは、技術力はもちろんですが、日本と中国の両方に工場をもっているため、日本でしか出来なかった複雑で高度な製品を中国で大量に生産して提供できるそうです。
また、ロット数も20〜30程度から対応していただけるので、少数だけど質の高いオリジナルものを作りたい方などにはピッタリですよね。

HPではワッペンが出来上がるまでのドラマちっくな動画が見られたりします。[G-TRY HP]
なんとも奥深き刺繍の世界。。。
ご興味のある方は、是非のぞいて見てくださいね。
[PR]
# by No_C | 2012-11-28 17:17 | マチのこと | Comments(0)