東日本橋にあるオルタナティヴなショップです。時の枠を超えて愛着の持てる品々をご紹介します。        http://no-concept.net tel.03-5829-6113


by No_C

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

NEWS
ミセのこと
モノのこと
オシャレまにあ
コトのこと
マチのこと
ショクのこと
オシゴト
ツレヅレ

タグ

(296)
(248)
(194)
(52)
(52)
(39)
(30)
(27)
(26)
(26)
(23)
(23)
(21)
(20)
(17)
(17)
(16)
(15)
(15)
(14)

最新の記事

いよいよ 8月19日(土)・..
at 2017-08-17 10:00
8月19日(土)・20日(日..
at 2017-08-14 09:30
8月の出店予定
at 2017-08-08 08:08
8月5日(土) 臨時休業・6..
at 2017-08-02 09:54
7月30日(日) 第一回 ..
at 2017-07-26 09:14
お陰様で5周年
at 2017-07-24 12:00
7月23日(日) 赤坂蚤の市..
at 2017-07-19 09:22
7月16日(日) 大江戸骨..
at 2017-07-12 09:20
7月8日(土)・9日(日)は..
at 2017-07-05 09:30
7月2日(日) 大江戸骨董..
at 2017-06-28 07:07

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月

記事ランキング

外部リンク

お気に入りブログ

EARTH_blog

ブログジャンル

アート・デザイン
コレクション

access

アルバイト労働条件

画像一覧

タグ:トイ ( 17 ) タグの人気記事

増殖中。。。

ただいま店内動物園計画が進行中。
というか、気づくと一角が動物園になっていた、という感じ。
c0260295_1503960.jpg
なんとも賑やかな顔ぶれですが、実はこれらは1900年代初頭に作られた鉄道模型ジオラマ用のフィギュアたち。
小さいながらもズッシリとした鉛のダイキャスト製で、ハンドペイントで仕上げられているので、非常に表情豊か。
さらに、スレや剥げなどの経年変化も加わり、もはや子供にはもったいない味わいです。
c0260295_1504196.jpg
↑エサ台に群がるブタさんたち。血眼のものもいれば、食いっぱぐれそうな、とぼけた表情の子も。
c0260295_1504443.jpg
↑羊の親子

当時はとても高価で、お金持ちの子供しか入手できなかったらしいのですが、そのせいでしょうか、今でもイギリスでは熱烈なコレクターのいるアイテム。
お好きな表情の子を見つけ、自分だけの世界を演出すると楽しいです。

話は変わりますが、この夏素敵な暑中見舞いをいただきました。
名前は記されず、代わりに舞い踊るかのような美しい水彩の金魚が手描きされたそれは、見る人を幸福な気分にさせてくれました。

その幸福感の余韻のせいか、思わず買ってしまった陶器の金魚。
およそ50〜60年前の多治見焼のものですが、水にプカプカと浮かんでいる姿に、思わずほっこり。
c0260295_1504713.jpg
明日からは5連休となるシルバーウィーク。
動物園へ遊びに行かれる方も多いかもしれませんが、混雑は必至。
こういうアイテムで自宅に自分だけの癒やしの楽園づくりをするのも、なかなか良いものですよ。
[PR]
by No_C | 2015-09-18 15:23 | モノのこと | Comments(0)

海賊気分の銃_Charing Cross London 1795 レプリカ

繊細な装飾とズッシリとした重厚感のレプリカの銃です。
c0260295_15465681.jpg
SOLDOUT
なにやら「海賊」という言葉が巷に広がっています。
海の上の犯罪集団、恐ろしい存在のはずですが、何ものにも縛られない生き方や、金持ちから奪って貧しい人に分け与えていた事から、あこがれを抱く人も多いのでしょうね。

海賊に関してまとめられた面白く分かりやすいサイトを見つけましたので、ご興味のある方はコチラから。

さて、そんな海賊達に多く使用されていたのがフリントロック(火打石)式のピストル。
銃口から火薬と弾を詰め、撃鉄に着いた火打石で発火〜発射させるフリントロック銃は主に18世紀を中心に100年以上使われていたそうです。
c0260295_15453864.jpg
↑こちらも当然フリントロック銃

そして、今回ご紹介するのは、そんなフリントロック銃(1795年式「Charing Cross London」)のレプリカ。
c0260295_15465898.jpg
フリントロック銃のレプリカは比較的見かける事が多いのですが、それらに比べてこちらは真鍮製でズッシリと重く、使い込んだような年代物の風格が漂っています。
c0260295_1547445.jpg
それほど古いものではないと思いますが、好きな方がご自分で手を入れて仕上げられたのかもしれません。
c0260295_1547285.jpg
↑緻密な装飾も再現されてます。
c0260295_1547082.jpg
↑良い塩梅に古色と風格出てませんか?

基本は重さと気分を楽しんでいただくものですので、火薬等は使えません。
撃鉄と引き金の操作は可能です。

大きさは、横19.5cm✕高さ11.5cm。

他にも味のある古道具を取り揃えていますので、ご興味のある方はぜひお店を見にいらしてくださいね。【MAP
online shopもぜひご利用ください。
[PR]
by No_C | 2014-09-13 15:57 | モノのこと | Comments(0)

ブキカワ(?)ビスクドール・パーツ_1890年〜1910年頃

前回、波紋を呼んだブキカワ(不気味でカワイイ)シリーズの第二弾。
今回はドイツのビスクドールの小さな頭部+胴体5種です。
c0260295_15525761.jpg
※完売しました

前回ご紹介したイギリスのビスクドールの手と脚は、おかげさまで大人気。
すぐにでも次のものをご紹介したかったのですが、意外と無いんですよねー、気に入った物が。
なので、今回はドイツ物にも目をつけて探し、見つけました。

ちゃんと不気味で、不思議とカワイイ。
顔と胴体のみですが、その表情や造りはどれも様々。
傷みや汚れもありますが、それが一層個性を演出しています。

アンティーク・ビスクドールのパーツたち。
すべてが一点物なので、ご自分の好きなパーツを見つけてみてください。

【No1. ベビー・クレオ】 SOLDOUT
ベネチアンマスクを思わせる、端正な面持ちのビスクドール。
今回入手したビスクドールの中でも、一番ミステリアスでお尻がキュッと引き締まっています。
大きさは、高さ5.0cm✕横1.8cm
c0260295_15533114.jpg
c0260295_15533889.jpg

【No2. ピルツ】SOLDOUT
ブラウンマッシュルームを連想させる色と形のビスクドール。
絶妙な着彩の剥がれ方と古色感が良いです。
少し目つきが悪いのも愛嬌ありますね。
大きさは、高さ6.5cm✕横2.5cm
c0260295_155546100.jpg
c0260295_15555749.jpg
c0260295_15555040.jpg

【No3. ツヴァイ】SOLDOUT
着彩がかなり取れて、刈り上げの男の子みたいに見えます。
No6.のヴァイスとは多分兄弟なのですが、肌はマットな感じ。
可愛らしいです。
大きさは、高さ5.0cm✕横1.8cmです。
c0260295_15563581.jpg
c0260295_15563895.jpg

c0260295_15564065.jpg

【No4. エンゲル】SOLDOUT
天使のような男の子のビスクドール。
青い目に金髪、意志の強そうな顔立ちのイケメンです。
大きさは、高さ6.7cm✕横2.8cm
c0260295_15574463.jpg

c0260295_15574676.jpg

c0260295_1601631.jpg

【No6.ヴァイス】SOLDOUT
塗装がすべて剥がれ落ち、素焼き状態になったベイビー。
No3. のツヴァイと顔立ちはそっくりなのですが、光沢感のある白い肌が印象的。
白くて小さくて愛らしいのに、口元が少しだけ歪んでいて、まるで舌打ちしているみたい。
すねた男の子みたいで素敵です。
大きさは、高さ5.0cm✕横1.8cmです。
c0260295_161587.jpg

c0260295_16109.jpg

ご興味のある方はぜひ実物を見にいらしてください。【MAP
通信販売をご希望の方は「N°CONCEPT.stores.jp」をご利用ください。
電話・メールでのご注文もお受けしています。
[PR]
by No_C | 2014-07-02 16:07 | モノのこと | Comments(0)

ブキカワ(?)ビスクドール・パーツ

こんにちは。
今日はフェチなココロを刺激する、小さなアンティーク・ビスクドールのパーツをご紹介します。SOLDOUT
c0260295_14225589.jpg
変わったものが多い当店でも一層の異彩を放つこちら。
ご覧になったお客様の反応も極端で、「こわーい!」「不気味ー!」という意見の方(主に女性)と、「いいねー!」と魅入られる方に分かれます。
なぜか購入されるのは男性が多いのですが、それは男性のほうがフェティシズムの傾向が強いから?
それとも、その造形に美術品的価値を見出すからでしょうか?

たかが古い磁器の小さなパーツですが、それぞれに素材・色・形・経年変化の具合まで異なりがあって、非常に奥深い世界。
特に、手などは表情豊かな部分なので、見る方の気持ちで表情を変えます。
c0260295_14231659.jpg
↑ふっくらとした、赤ちゃんのような小さな手。経年変化の色も良い感じ。
c0260295_14245515.jpg
↑二つの足。どっしりとしているのは母性の象徴?
c0260295_14273744.jpg
↑ぷっくら足先カワイイです。
c0260295_14282731.jpg
↑靴下と靴をまとったタイプもあり。雰囲気変わるでしょ?
 ご紹介した中では一番大きくて、8cmほどの大きさ。

今回ご紹介しているのは、どれも1920年以前に造られたイギリス製のもの。
ビスクドールはフランスやドイツが多いので、イギリスというと意外な感じがするかもしれませんが、名だたる磁器メーカーを抱える国ですもんね。

珍しいアンティーク・ビスクドールのパーツたち。
一つ一つが一点物なので、ご自分の好きなパーツを見つけてみてください。

他にも味のある古道具を取り揃えていますので、ご興味のある方はぜひお店を見にいらしてくださいね。【MAP
online shopもぜひご利用ください。
[PR]
by No_C | 2013-07-29 14:43 | モノのこと | Comments(0)

ブリキで楽しむ幻の高級車:COCHE TURISMO PACKARD1949

今日は隅田川の花火大会。
年に一回の大イベントですが、突然の豪雨の予報もあるので、皆様どうぞお気をつけくださいね。

さて、モデルカー好きの皆さん、お待たせしました。
スペインのPAYA(パジャ)社から1985年に発売された、幻のパッカード・ツーリングクーペのモデルカーです。
c0260295_15372476.jpg
SOLDOUT

パッカード社の車って知ってる方は少ないと思いますが、1920年当時は押しも押されぬ高級車の代表格。
アメリカやヨーロッパなどで政府公用車や貴賓車に供されてきました。
日本でも政府公用車として使用され、昭和戦前には皇室や華族にも愛用される最高級車だったのです。
時代の波に乗り切れず1962年には歴史の幕を下ろしてしまいましたが、その歴史的功績は甚大でした。
c0260295_15372789.jpg
こちらのモデルカーは、PAYA(パジャ)社から1985年に発売された「パッカード社製クーペ1949年モデル」で、1949年~56年に使用していた金型を使用し、当時の素材や手法を用いて、忠実に再現した復刻版。
シャープさと柔らかさを兼ね備えた、なだらかなボディラインが、高級感とセクシーさを感じさせます。
c0260295_15373019.jpg
↑運転席も当時の仕様をそのまま再現。
c0260295_15373246.jpg
↑裏から見てもどこかセクシー。
c0260295_15373393.jpg
↑復刻品としてのシリアルナンバーが刻まれています。

こちらのモデルは5,000台限定で生産され、こちらはシリアルNo.3670、立派な証明書がありますよ。
c0260295_15373546.jpg
状態の良い元箱もしっかりついて(この元箱のデザインがまた魅力的なのです)、証明書もついて、しっかりフルセットの商品です。
c0260295_15373726.jpg
色、素材、デザイン、そして付属するアイテム...ほらほら、コレクターの血が疼くでしょ?

元箱のサイズは、幅39cm ✕ 奥行15cm ✕ 高さ11cm。
かなり大きめで存在感は抜群。元箱のデザインも捨てがたいので、ぜひ飾ってあげてくださいね。

他にも味のある古道具を取り揃えていますので、ご興味のある方はぜひお店を見にいらしてくださいね。【MAP
online shopもぜひご利用ください。
[PR]
by No_C | 2013-07-27 16:07 | モノのこと | Comments(0)

惜別のウルトラマンフィギュア

開店以来、店の片隅で知る人ぞ知るマスコットだった、ウルトラマンのフィギュアが一体売れてしまいました。
c0260295_14551978.jpg
[ウルトラマン Aタイプ|円谷プロ|BILLIKEN 1987]SOLDOUT

傷みや破損箇所があったものの、その造形の良さや作りの緻密さで密かに「売れてほしくないなぁ...」と思っていたものだったので、とても残念。
でも二体のうち一体が売れてしまい、Bタイプが寂しそうにしているので、思い切って情報公開です。
可愛がってくれる方、引き取ってあげてくださーい。
c0260295_14531091.jpg
ウルトラマン Bタイプ|円谷プロ|BILLIKEN 1986 SOLDOUT

20数年前に 有楽町のガード下にあったアンティークショップで、
箱入りキット完品の状態で購入し、自分で組み立て塗装したものです。
( 素人塗装、素人補修してあります。元箱はもうありません。)

初代ウルトラマン14話~29話の、細面 (ほそおもて) の「Bタイプ」と
いわれる物の、非常にリアルな、ソフトビニール製フィギュアです。
「©円谷プロ」と「BILLIKEN 1986」の刻印が足裏にあります。
大きさは、写真のポーズの状態で 高さ約30cmです。
c0260295_167191.jpg
c0260295_16745.jpg
Aタイプ、Bタイプどちらも原型は、フィギュア原型師のカリスマであり世界的に有名なハマハヤオ氏によるもの。
(ビリケン商会の商品照会はこちらから)

ちなみにこのBタイプは、そのハマハマオ氏や庵野秀明氏(映像監督)も「最もウルトラマンらしいウルトラマン」と称しているそうです。
(Bタイプの詳しい説明はこちらで)

確かにAタイプが愛嬌のある親しみやすさがあるのに対して、こちらはシュンとしてますよね。
かなり細マッチョなイケメンだと思います。

他にも味のある古道具を取り揃えていますので、ご興味のある方はぜひお店を見にいらしてくださいね。【MAP
online shopもぜひご利用ください。
[PR]
by No_C | 2013-06-15 16:29 | モノのこと | Comments(0)

ヴァイキングのマーカー

MÄRKKRITAとはスウェーデン語でマーキングチョーカーの事。
道路面、木材、金属、プラスチック、ゴム、皮革へのマーキングに用いられる、固形のマーカーです。
バラ売りしてますので、お気軽にお求めいただけますよ。
c0260295_15443180.jpg
【1本あたりの販売価格:200円】
c0260295_15488100.jpg
【紙箱の販売価格:800円】

「Viking」という名前はいかにもスウェーデン的ですよね。
現在もマーキングチョーカーを販売しているようなのですが、この商品はいつ頃のものなのかは定かではありません。
でも、北欧テイスト薫る、いいデザインだと思います。
c0260295_15503855.jpg

マーキングチョーカーの色は赤一色のみですが、持ち手の紙部分は変色も含めて数種類色がありますので、お好みの色を見つけてみてはいかがですか?

商品を実際に見てみたい方はぜひお店へいらっしゃって下さいね。【MAP】
通信販売等のご相談もお待ちしています。
[PR]
by No_C | 2013-06-04 15:55 | モノのこと | Comments(0)

ブリキと金庫と貯金箱

フランスのブロカントなブリキシリーズ。
今回は、シャビーなシャビーな、とってもシャビーな貯金箱のお話。
フランスの蚤の市で見つけた、金庫型の貯金箱です。
c0260295_1357363.jpg
【当店販売価格:12,800円】幅80×高さ138×奥行き55mm

ちなみに鍵はどうやら中に入っているようで開きませんので、観賞用(インテリア用)としてお考えください。
c0260295_150638.jpg
c0260295_14594723.jpg
見ての通り、塗装のペンキは剥げ、ブリキの面がかなり露出していて、現在はこれ以上剥げないようにクリアで保護している状態。

でも、ブリキの風合いとフランスどくときのペンキ色が妙にマッチして、良い感じ。
街角の剥げかけた映画のポスターのような空気感です。
c0260295_151438.jpg
あなたのコレクションに、こんなシャビーなお品はいかがですか?

ご興味のある方、よろしかったら実物を見にきてくださいね。【MAP】
通信販売をご希望の方は「N°CONCEPT.stores.jp」をご利用ください。
[PR]
by No_C | 2013-05-16 15:04 | モノのこと | Comments(0)

ブリキのミニチュアストーブ

こんにちは。
最近フランスのアイテムのご紹介が続いているので、ちょっとシリーズ化しちゃおうかと思います。
それも魅惑の(?)ブリキものです。

当店はノーコンセプト&ノーカントリーな店なので、いろんな国のものが数多くありますが、中でもフランスとイギリスの物が多いです。
なぜこの二カ国が多いのかといえば、いわずと知れたアンティークマーケットが盛んな国だから。
伝統と技術を大切に育むこの国では、モノを大切に長く「使い込んで育てる」感覚に優れているので、時を得てなお美しく変化するモノたちが数多く存在しています。

そしてフランスは先にもご紹介した「ブロカント」という意識が根付く国。
「美しい古道具」という意味のこの言葉には、美術品でも、骨董品でもなく、日常的に身近に接するモノたちへの愛情が溢れています。

と、前置きはこの辺で。
今回のご紹介はフランスで購入した、ブリキ製のミニチュアのストーブセットです。
c0260295_1493546.jpg
size:約 W14.5cm×D7.3cm×H18.5cm
SOLDOUT

アールデコ調にまとまったデザイン。
これが当時のものだとすると、1910〜20年代のものだと思います。
ストーブ(かまど)には鍋とヤカンがかけられ、煙突からは煙がもくもくと、鍋の中からは時間をかけて煮こまれた美味しそうな料理の匂いが漂って来そうです。
c0260295_14243581.jpg
↑大きさと質感が絶妙。ちょっとした歪みや変色加減もブロカント感をアップしてます。
c0260295_14284270.jpg
↑ストーブは薪木式。ちゃんと戸も開きます。
c0260295_14332717.jpg
↑鍋のフタも開け閉め可能。

こういうモノを観て、ココロが惹きつけられるのは何故なんでしょうね。
子供の頃欲しかったリカちゃんハウスへの憧憬が蘇るのか、それとも女性の本能として埋め込まれているのか。。。

こちらはその歴史や造形の魅力から言ってもすごく良い品だと思います。
個人的には博物館に飾られていても納得しちゃいそうです。

他にも味のある古道具を取り揃えていますので、ご興味のある方はぜひお店を見にいらしてくださいね。【MAP
online shopもぜひご利用ください。
[PR]
by No_C | 2013-05-15 14:43 | モノのこと | Comments(0)

夢の残骸:ジオラマ3

小林公一さんのジオラマのご紹介の最終です。
その精巧さや技術面で一番秀逸だと我々が感じているのが、こちら。
とやかく言わずに、とにかく観ていただくのが一番だと思います。
c0260295_135557.jpg
【当店販売価格:150,000円】
大きさは、幅319mm×奥行283mm×高さ168mm(台座含む)
c0260295_136086.jpg
c0260295_1355835.jpg
c0260295_136267.jpg

ルート66沿いにある、今はもう無人の廃墟。
華やかで賑やかな頃の記憶を残しながらも、砕け散った夢の残骸。
ジオラマなのに、いやジオラマだからこそ残せるノスタルジアがここにはあります。
c0260295_136557.jpg

時間の流れは時に優しく、時に残酷。
でも、思い出の中の姿はいつまでも色褪せる事はありません。

作成時の小林さんの想いまで伝わってくるようなこの作品。
ご興味のある方はぜひ実物を見にいらしてくださいね。【MAP】
通信販売をご希望の方は「N°CONCEPT.stores.jp」をご利用ください。
[PR]
by No_C | 2013-04-18 13:22 | モノのこと | Comments(0)