東日本橋にあるオルタナティヴなショップです。時の枠を超えて愛着の持てる品々をご紹介します。        http://no-concept.net tel.03-5829-6113


by No_C

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

NEWS
ミセのこと
モノのこと
オシャレまにあ
コトのこと
マチのこと
ショクのこと
オシゴト
ツレヅレ

タグ

(353)
(302)
(232)
(52)
(52)
(39)
(30)
(27)
(27)
(27)
(26)
(23)
(23)
(21)
(20)
(20)
(18)
(17)
(15)
(14)

最新の記事

12月16日(日) 大江戸骨..
at 2018-12-12 12:12
12月9日(日) 赤坂蚤の市..
at 2018-12-04 13:57
12月のイベント出店予定
at 2018-12-04 12:00
12月2日(日) 大江戸骨董..
at 2018-11-30 11:11
11月25日(日) 赤坂蚤の..
at 2018-11-22 08:30
11月18日(日) 大江戸骨..
at 2018-11-15 06:00
『CLUÉL (12月号) ..
at 2018-11-12 00:00
11月10日(土)・11日(..
at 2018-11-08 09:00
11月10日(土)・11日(..
at 2018-11-05 15:00
11月4日(日) 大江戸骨董..
at 2018-11-02 07:07

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月

記事ランキング

外部リンク

お気に入りブログ

EARTH_blog

ブログジャンル

アート・デザイン
コレクション

access

アルバイト労働条件

画像一覧

社長さんの卓上ライター:RONSON VARAFRAME VALIANT

開店セールを始めてから三日目。
大勢の方においでいただいております。
わざわざ当店まで足を運んでいただき、本当にありがとうございます。

さて、今日新たに店頭に並べた商品を早速ご紹介しますね。
思わず「社長の…」と言いたくなってしまう、風格(?)の卓上ライターです。
c0260295_1644029.jpg
SOLDOUT

会社の応接室や社長室の机の上...そんな場所にピッタリ来るこのライター。
懐かしさを感じる方も多いかもしれません。

RONSON社のライターと言っても日本では一般的にピンと来る方は少ないかも知れませんが、このRONSON、実はZIPPO社よりも歴史のあるオイルライター界の老舗中の老舗。
1910年以降、歴史的名作をリリースし続けるライターの名門なのです。

ヴァラフレーム(Varaflame)シリーズは1958年に発表された、RONSONの代表作の一つ。
歴史と格式を重んじながらも、現代のメカニズムを注入した、ストリームラインのデザインが多くの男たちを虜にしました。
幾度かモデルチェンジをしており複数のシリーズが存在しますが、こちらの「ヴァリアント(VALIANT)」は1960年代に発表された卓上型。
同じデザインをもとに土台の素材を変え、大理石などの天然石を用いて数種類が作られていますが、この商品は削りだした無垢のウォルナットが用いられています。
c0260295_1624916.jpg
↑スタンド部分は英国製。
c0260295_16241833.jpg
↑ライター機能部分はアメリカ製。

アメリカで開発された最新のメカニズムと、伝統的なイギリスのデザイン性が組み合わさり、モダンでナチュラルなミッドセンチュリーの息遣いが、現代でもピッタリですね。

色もデザインも好みでワクワクしますが、さらに特筆すべきは使いやすさ。
フレームの大きさが手にピッタリと収まる気持ちのよい曲線で構成され、木の素材感が柔らかく手に包まれます。
使うヒトを研究し尽くして生まれた商品だと実感させられるのです。
c0260295_16271464.jpg
↑機能もバッチリ生きてます。

これ、多分当時は高価すぎて庶民では手に入らないものだったろうなー。
社長さん気分でお使いいただくも良いし、ミッドセンチュリーのインテリア雑貨として飾っておくのもよし。
お客様にさっと点けてあげたりして、自慢したいアイテムですよ。

他にも味のある古道具を取り揃えていますので、ご興味のある方はぜひお店を見にいらしてくださいね。【MAP
online shopもぜひご利用ください。
[PR]
by No_C | 2013-07-12 16:47 | モノのこと | Comments(0)