東日本橋にあるオルタナティヴなショップです。時の枠を超えて愛着の持てる品々をご紹介します。        http://no-concept.net tel.03-5829-6113


by No_C

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

NEWS
ミセのこと
モノのこと
オシャレまにあ
コトのこと
マチのこと
ショクのこと
オシゴト
ツレヅレ

タグ

(348)
(297)
(227)
(52)
(52)
(39)
(30)
(27)
(27)
(27)
(26)
(23)
(23)
(21)
(20)
(20)
(18)
(17)
(15)
(14)

最新の記事

11月18日(日) 大江戸骨..
at 2018-11-15 06:00
『CLUÉL (12月号) ..
at 2018-11-12 00:00
11月10日(土)・11日(..
at 2018-11-08 09:00
11月10日(土)・11日(..
at 2018-11-05 15:00
11月4日(日) 大江戸骨董..
at 2018-11-02 07:07
11月のイベント出店予定
at 2018-10-29 17:17
10月28日(日) 赤坂蚤の..
at 2018-10-27 11:11
10月21日(日) 大江戸骨..
at 2018-10-20 01:23
本日(10/6)、リオープン!
at 2018-10-06 03:21
10月6日(土) 店舗リオー..
at 2018-09-24 12:34

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月

記事ランキング

外部リンク

お気に入りブログ

EARTH_blog

ブログジャンル

アート・デザイン
コレクション

access

アルバイト労働条件

画像一覧

一目惚れ級です_中国磁州窯・年代不詳

一目見て惚れ込んだ、シンプルな鉄絵と肌が美しい、静かな景色の磁州窯の平茶碗です。
c0260295_1505755.jpg
SOLDOUT

「磁州窯(じしゅうよう)」とは、中国河北省南部の邯鄲(かんたん)市・磁県の「観台鎮(かんだいちん)」や「彭城鎮(ほうじょうちん)」を中心とし、10世紀後半から今日まで続く、中国最大の窯場のひとつ。
現在では、華北一帯にひろがった窯業地とその製品を総称した名前です。

現在まで一般庶民の使用する実用性の高い器を制作している磁州窯ですが、代表的な製品は、宋から金時代(10~12世紀)ころに作られたもの。
特に宋の時代のものは「宋磁」と呼ばれ、中国陶磁の最高峰と評価され、名品も数多く残されています。

特徴は、陶器の素地に白い土を掛け、その上に透明釉をかける、いわゆる「白化粧」を基本としていること。
そこに、黒で奔放な鉄絵文様を描いた「鉄絵」や,白化粧の上に塗った鉄泥を掻き落とした「搔落し」などあります。

こちらの平茶碗は、年代は不明。
ですが白化粧された素地全体に何ともいい感じに貫入が入り、うっすらと黄身を帯びている様子から、かなり年代物だと思います。
c0260295_151996.jpg
鉄絵の絵付けは草文(?) 。シンプルながら均整がとれ、上品な仕上がり。
c0260295_1505953.jpg
台座部分も美しい仕上がり。
c0260295_151412.jpg
鋭利な美しさの磁器とは異なり、陶器ならでは厚みがと温かみの有る雰囲気が醸し出されているこのお品。
飾るのはもちろん、夏茶碗のようにお茶の席で用いるのもよし。
贅沢にお新香や煮物などのお惣菜を盛りつけたら、なんて素敵。
c0260295_1505755.jpg
サイズは、直径約133mm×高さ約47mm。台座部分は直径42mm。
桐と栃素材の木箱入りです(箱書きなし)。
c0260295_15175.jpg
他にも味のある古道具を取り揃えていますので、ご興味のある方はぜひお店を見にいらしてくださいね。【MAP
online shopもぜひご利用ください。
[PR]
by No_C | 2013-11-25 15:06 | モノのこと | Comments(0)