東日本橋にあるオルタナティヴなショップです。時の枠を超えて愛着の持てる品々をご紹介します。        http://no-concept.net tel.03-5829-6113


by No_C

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

NEWS
ミセのこと
モノのこと
オシャレまにあ
コトのこと
マチのこと
ショクのこと
オシゴト
ツレヅレ

タグ

(353)
(302)
(232)
(52)
(52)
(39)
(30)
(27)
(27)
(27)
(26)
(23)
(23)
(21)
(20)
(20)
(18)
(17)
(15)
(14)

最新の記事

12月16日(日) 大江戸骨..
at 2018-12-12 12:12
12月9日(日) 赤坂蚤の市..
at 2018-12-04 13:57
12月のイベント出店予定
at 2018-12-04 12:00
12月2日(日) 大江戸骨董..
at 2018-11-30 11:11
11月25日(日) 赤坂蚤の..
at 2018-11-22 08:30
11月18日(日) 大江戸骨..
at 2018-11-15 06:00
『CLUÉL (12月号) ..
at 2018-11-12 00:00
11月10日(土)・11日(..
at 2018-11-08 09:00
11月10日(土)・11日(..
at 2018-11-05 15:00
11月4日(日) 大江戸骨董..
at 2018-11-02 07:07

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月

記事ランキング

外部リンク

お気に入りブログ

EARTH_blog

ブログジャンル

アート・デザイン
コレクション

access

アルバイト労働条件

画像一覧

2013年 02月 14日 ( 1 )

シャビーすぎ?固形水彩絵具セット二種

今回は、前回ご好評いただいた「宝石箱の固形水彩絵の具/WINSOR & NEWTON」に続き、日本製の固形水彩絵具のセットを二種類ご紹介します。
c0260295_1531614.jpg

じつはこれ、世界的に有名な版画家であり造形作家でもあるK氏の「シャビーな味わいのある固形水彩セットが欲しい」と要請で探したもの。
(K氏はすごい方なのですが、その事は改めてご紹介しますね)
残念ながらご要望に応えることは出来なかったのですが、そのシャビーさは哲学的にも感じられますので、皆様にも観ていただきたいのです。

ちなみに、以下にご紹介する二つの固形水彩をネット上で様々な検索をかけてみたのですが、情報は殆どなし。
分かっているのは、状態や微かに残った社名やロゴマークの一部から、どちらも日本製だということ。
年代は昭和初期くらいでしょうか?社名表記がすべて英字なので、もしかしたら海外輸出用だったのかもしれません。

商品_A【当店販売価格:7,500円】
c0260295_1591599.jpg
↑裏側をパレットとしても使用出来る蓋は3つに区切られています。
c0260295_1517838.jpg
↑蓋をあけると、強烈なシャビーが登場
c0260295_15171367.jpg
↑絵の具はまだ使用可。ただし、あまりオススメはできません。
c0260295_15171643.jpg
↑とことどころに英字ながら日本製らしき表記が。


商品_B SOLDOUT
c0260295_15321483.jpg
↑こちらの蓋は4つに区切られてます。デザイン的にはAよりもアールが強く、WINSOR & NEWTONに近い感じ。
c0260295_15341052.jpg
↑中蓋は白。鳥の羽のトレードマークが一部残されています。
c0260295_1534467.jpg
↑白の塗料の剥離具合がいいシャビー感。
c0260295_1534774.jpg
↑絵の具はかなり落ちています。

これらの二つの商品、現在も塗料や絵の具がポロポロと剥げ落ちる状態。
当店ではご購入いただいた方に自分好みのシャビー感を演出していただけるよう、現在剥離防止処置をしていませんが、気になる方には剥離防止を行った上でお渡しする事も可能です。

このかなり年季の入った年代物の固形水彩、私には日本のメーカーが海外の製品を模倣しながら懸命に創った意気込みと時の経過が生み出す残酷な悲哀感、そして全体的に穏やかな雰囲気に、人生を物語る哲学の匂いを感じさせるのですが、みなさんはいかがですか?

他にも味のある古道具を取り揃えていますので、ご興味のある方はぜひお店を見にいらしてくださいね。【MAP
[PR]
by No_C | 2013-02-14 16:04 | モノのこと | Comments(0)