東日本橋にあるオルタナティヴなショップです。時の枠を超えて愛着の持てる品々をご紹介します。        http://no-concept.net tel.03-5829-6113


by No_C

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

NEWS
ミセのこと
モノのこと
オシャレまにあ
コトのこと
マチのこと
ショクのこと
オシゴト
ツレヅレ

タグ

(348)
(297)
(227)
(52)
(52)
(39)
(30)
(27)
(27)
(27)
(26)
(23)
(23)
(21)
(20)
(20)
(18)
(17)
(15)
(14)

最新の記事

11月18日(日) 大江戸骨..
at 2018-11-15 06:00
『CLUÉL (12月号) ..
at 2018-11-12 00:00
11月10日(土)・11日(..
at 2018-11-08 09:00
11月10日(土)・11日(..
at 2018-11-05 15:00
11月4日(日) 大江戸骨董..
at 2018-11-02 07:07
11月のイベント出店予定
at 2018-10-29 17:17
10月28日(日) 赤坂蚤の..
at 2018-10-27 11:11
10月21日(日) 大江戸骨..
at 2018-10-20 01:23
本日(10/6)、リオープン!
at 2018-10-06 03:21
10月6日(土) 店舗リオー..
at 2018-09-24 12:34

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月

記事ランキング

外部リンク

お気に入りブログ

EARTH_blog

ブログジャンル

アート・デザイン
コレクション

access

アルバイト労働条件

画像一覧

2014年 04月 09日 ( 1 )

赤い紙の箱_ドイツ1900年初頭

ウィーンで購入した赤地に黒のタイポグラフィが美しいドイツ製の紙の箱。
中身はフィルターのついていないタバコで、「SALEM ALEIKUM」というブランドで発売されていました。
c0260295_1238551.jpg
【当店販売価格:3,200円】

銘柄の「SALEM ALEIKUM」はイスラム語で、直訳すると「あなたのうえに平和を」という意味。
イスラム圏では「こんにちは」のように、挨拶で交わされます。

実は現在も販売されているあのアメリカ製の「セーラム」というタバコのルーツは、こちらのドイツのものだったらしいです。
販売していたオリエンタルタバコ会社が1886年に創業され、1925年に売却されましたが、ブランド名は海を渡って生き続けていたんですね。

さて、ではこちらのタバコは何時頃のものかというと、1907ー1925年までのいずれかの間に生産されたもの。
なぜかというと、ウラに描かれたモスク風の「Yenidze(イエニッツェ)」と呼ばれるタバコ工場は、オリエンタルタバコ会社が1907から1908年にかけてドレスデンに建造したものだからです。
当時はタバコ・モスクと呼ばれ、現在も有名な観光名所の一つです。
c0260295_1239477.jpg
           ↑現在のイエニッツェ。
c0260295_123996.jpg
↑裏面には当時のイエニッツェ工場の絵が描かれています。

ちなみに、この時代は第一次世界大戦を挟んだ大変な時期でもありました。
時代を反映したカートンタバコの広告写真を見つけたので、コチラを参照してください(英語表記のみです)
c0260295_12391847.jpg
さて、様々な歴史背景はあるものの、そんな事は関係なく美しい紙箱です。
c0260295_12393064.jpg
100年近くも前のものなので当然傷みもありますが、内側には当時の紙や印刷の発色具合もしっかりと見てとれます。
c0260295_12392720.jpg
デザイン性も高く、必要な要素が整然とシンメトリーに配置され、赤と黒のコントラストがキレイです。
こんな紙の空き箱が100年も持っているのだから、やっぱりヨーロッパのモノを大切にする文化恐るべしです。

サイズは、最大幅約12.8cm、奥行7.3cm、高さ約2.1cm。
小ぶりながら存在感は抜群です。

ご興味のある方はぜひ実物を見にいらしてくださいね。【MAP
通信販売をご希望の方は「N°CONCEPT.stores.jp」をご利用ください。
電話・メールでのご注文もお受けしています。
[PR]
by No_C | 2014-04-09 12:59 | モノのこと | Comments(0)